上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 





アベック兄弟



 ベックという言葉が使われなくなって久しい。90年代以降、道行く男女はカップルと表現されるようになった。決してカップルという言葉が近代的な響きを要しているとは思えないのだが、どういうわけかカップルはアベックに取ってかわって市民権を得た。未だにアベックなどと言っているのは熊本名物のアベックラーメンか、せいぜい野球界くらいなものである。もっともアベックの語源がフランス語のavecで、これが英語でいうところのwithに相当することを考えれば、「アベックホームラン」というのはあながちおかしな表現でもないのだが(前置詞が名詞化している点を除いて)、それでも日本人的にはアベックという言葉が付くだけで、語感の古臭さを拭えなくなる。 こういう点も、ボランチだのピッチだのと今風の語感を持つ用語を多用するサッカーに比べ、野球に前時代的な印象がつきまとう一因なのだろう。だからと言って「カップル・ホームラン」と言いかえればいいという問題でもないが。

 さてプロ野球におけるアベックホームランといえば、やはりONが代名詞として挙げられるが、その後もMK砲、バース掛布、豚バラ砲、FW砲(これは中スポがムリにつかってただけ)など球史に残るアベックがいくつか誕生した。それらのアベックの在籍するチームが、いずれも同時期に優勝しているところをみると、やはり優秀なアベックのいるチームは機能性が増すというのがよくわかる。そして時は2009年、去る20日の対外試合で2年ぶりに打ち上がった"DD砲"は、華やかさ、話題性ともに充分すぎるインパクトを見る者に与えてくれた。






 堂上兄弟のアベック弾。こんなにも我々を奮い立たせるアベック弾が、かつてあっただろうか。いかにアベックが死語になろうとも、この兄弟がいる限り、アベックが絶滅することはなさそうだ。

スポンサーサイト


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2009.02.21(Sat)14:48 | 堂上直倫 | Comment : 00 | Trackback : 00 | 


 
FC2カウンター
プロフィール
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブックマークに追加する
FC2アフィリエイト
FC2ブログランキング
FC2ブログジャンキー
カレンダー(月別)
QRコード
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
メールフォーム
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ