イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]




躍動するラグジュアリー


「静」の野本に続いて、今日は「動」の藤井のおはなし。

突然だが、理想の1番打者の条件を問われたら、まず何を浮かべるだろう。
赤星・片岡のような走力か、緒方・真弓のような打力か、はたまた井端のような粘る技術か。
どんな長所であれ、ともかく1番打者の使命とは「出塁」することの一点だと思う。

時おりガッツのある選手が「当たってでも塁に出たかった」などと言っているのを目にするが、これは正解。
離脱しない程度であれば、それこそ捨て身で出塁することこそが1番打者の役割なのだ。

その点でいえば井端は追い込まれてから粘って四球がとれるため、適正はあると思う。
逆に荒木は出塁率の低さが響き、今季は1番を井端に譲る形となった。

しかし、現状のレギュラーで井端の1番が最適かといえば、そうではないと私は考えている。
たしかに確実性と堅実さは大切だが、それ以上に1番打者に求められる要素があるのではないか。
そう、初回の最初に打席に立つ打者は、その試合を計る上での目安となるべき存在なのだ。

1番打者があっけなく3球三振に倒れれば、投手は調子づき味方はシュンとしてしまう。
逆にトップがツーベースでも打てば続けざまに打線がつながり、お祭りムードになるかもしれない。
統計上、初回の得失点が勝敗に結びつきやすいことは実証済みだそうだ(ソースはないけど)。

だからこそ、私は1番打者はお祭りムードを盛り上げることのできる打者であるべきだと思っている。
で、今のレギュラーでそういう効果をもっとも持つ選手といえば、藤井淳志その人なのだ。

思い出してほしい、先月のCS1stステージのヤクルト戦。
怪我から明けて久々に復帰した藤井は、第1打席でいきなり二塁打を放った。
そのときの球場の雰囲気は、さきほどまでの緊張感から解き放たれたかのようなお祭り騒ぎに。
藤井が打てば盛り上がる、藤井が打てばチームが乗る。
まるでかつて井上一樹が担っていた役割を、藤井はさらに躍動感を増して再現してみせたのだ。

一方で藤井は他の選手に比べて雑な面が多く、凡ミスや判断ミスが多いという短所がある。
たぶんこれは性格的な問題で、藤井の部屋の本棚は漫画が乱雑に並んでいるだろうな、と想像がつく。

しかし、そんな細かいことは気にしなくたっていい。雑なのも含めての藤井淳志。







「その長ずるところを貴び、その短なるところを忘る」


呉の孫権の金言に倣い、失敗を恐れず2010年もますます躍動してほしい。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
1番打者は、私の思う理想、ねばれてフォアボールがとれる。単独スチールができる。だろう。井端は適任だが犠打やバスター相手の守備体系を見て打ち方をかえる。やはり貴重な2番だろう。荒木の場合もっとファールでねばって四球の数が増えれば合格じゃないかな。50年プロ野球見てて理想は阪神の中村勝弘、てとこか。藤井の場合、スランプをすくなくして、コンスタントに打てる、且つボール球に手を出さない。であれば1番適任でしょう。
2009/11/15(日) 20:11:46 | URL | 名なしの熊さん #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/12/09(水) 20:32:21 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/12/09(水) 20:38:51 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/482-62abbe71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック