上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 




江尻良文の楽しみ方




野球ファン、とりわけ中日ファンにとって名前も聞きたくない記者がいる。
夕刊フジのプロ野球担当・江尻良文
悪名高き、という言葉がこれほど似合う者も珍しいいわくつきの人物である。

この男の主義・思想は実に単純明快。
無条件のONおよびナベツネ信奉者であり、無条件のアンチ落合。
個人の妄想から放たれる中傷記事が売りの典型的なゴシップライターだ。

特に落合監督への一方的な批判記事は十八番のごとくたびたび発表され、
そのたびに気を悪くした中日ファンが江尻氏の報道姿勢に疑問を呈す、というのがお決まりになっている。

つい先日も加藤良三コミッショナーが12球団のキャンプ視察を明言したことに託けて、
落合が殿堂入りや国際球統一問題について加藤氏とやり合う気じゃなかろうかと懸念(期待?)する内容の記事を書き、
「まーた江尻かよ」と中日ファンの怒りを買ったばかりである。

確かに江尻氏の記事は取材をしなくても書けるような妄想的な内容が散見されるし、
信奉対象の発言は何がなんでも支持に回るなど報道人として首をひねりたくなる人物なのは否めない。

正直コラムの内容などもお金を払って読む記事というよりはブログの戯言レベルに終始しており、
時々真実味のあるまともな記事を書くこともあるが、本来記者とはそういう仕事なのであって、
「江尻がまともな記事を書いた!」と驚かれている時点でちゃんちゃらおかしいのだ。

しかし、私はそんな江尻を愛すべき愚者として評価するスタンスをとっている。
記者としてではなく、愚者として。

「ブブカ」というゴシップ雑誌をご存じの方は多いはずだ。
まともな思春期を送った男子なら、おそらく知らぬ者はない有名な雑誌だ。

この雑誌の内容は、ほとんどが低俗なアイドルのエロネタで成り立っている。
嘘かほんとか分からない。いや、たぶん8割が嘘のひどい内容。

ライターに良識を求める者にとって、これほど忌まわしい雑誌はないだろう。
しかし、男にはこれがウケる。
読み手も大抵が嘘とテキトーと分かっていながら、楽しむのだ。

東スポもそう。
あれはもう、記事のほとんどがシャレであって、いちいち目くじら立てる方がおかしい。
時おり東スポの記事に対して名誉棄損で訴訟騒ぎを起こす人がいるが、
そういうシャレの分からないクソつまらない人間にはなりたくないと心底思う。

江尻の記事も同列。
おもしろい娯楽記事と思えば、なんてことない。

考えてみれば、江尻氏がコキおろしている落合監督自身も球界ではならず者のはぐれ者だ。
世間的にはこういう規格外の人間は敬遠される傾向にある。
良識、礼儀、気配りを求められ、それらの欠ける者は落第者のように扱うのが社会というものだ。

だが私は、ならず者のいない世界は刺激がなくてつまらないと思う。
9割の良識者の中に、1割くらい落合や江尻のような憎まれ役がいないとおもしろくない。

そして私は思うのだ。
江尻のような記者がいる限りは、プロ野球はまだまだ安泰だと。

恐れるべきは江尻の妄想記事ではなく、ゴシップにさえプロ野球が相手にされなくなること。
批判記事だろうがなんだろうが、落合や中日が話題にのぼるのはありがたいことなのだ。
スポンサーサイト


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2010.01.24(Sun)13:17 | 落合博満GM | Comment : 00 | Trackback : 00 | 


 
FC2カウンター
プロフィール
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブックマークに追加する
FC2アフィリエイト
FC2ブログランキング
FC2ブログジャンキー
カレンダー(月別)
QRコード
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
メールフォーム
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ