イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]




W松井の外野手の方、松井佑介がヤクルト期待の若手・村中から2ランを放ち開幕スタメン入りを猛アピールした。


ライト争いが熱い、熱すぎる。一昨日のセサル、昨日の大島に続き今日は松井佑が一発回答。
レフトとセンターは埋まっているため残る外野の競争枠はライトのみ。
その空きポジションを懸けた戦いが連日、ヒートアップしている。

もっとも私は今季の戦い方として、誰かひとりがこのポジションを勝ち取るというよりは、
何人かの選手のうち、その時調子のいい者を使う、いわゆる併用という形になると考えている。
いくらこの時期に猛アピールしたからといって年間通して活躍できるわけでもないし、
第一現状の面子でズバ抜けて能力の高い選手は見当たらないので、自ずとそうなるだろう。

だから、メディアが「開幕いけるぞ!」とか「レフト争い抜け出した!」とか煽るのは、あまり意味がないことだ。
一過性の狂騒にすぎない。

問題なのは、頭ひとつ抜けることよりも競争グループからハジかれないようにすること。
まして先頭グループがこういう場でのアピール合戦をしているときは、
それに乗り遅れてしまった選手はどうしても印象が余計に悪くみえてしまうものだ。

今のところはセサルと大島が一歩リードしているが、これだってすぐにどう転ぶか分からない。
仮に松井佑が次戦でも答えを出せば、様相はガラリと変わってくるだろう。
平田だって現時点で派手な活躍はしていないが、今日も堅実にヒットを打っていた。決して遅れはとっていない。

競争中の面々は、開幕スタメンを狙うことよりも、二軍に落ちないこと。
それだけに集中して、地味でもいいからコツコツと結果を積み上げるのが大切になってくる。


そんな中、早くも集団から離脱しつつある選手がひとりいる。
ライト争いの最有力と目されていたはずの野本圭である。

背番号が一桁になったり選手会役員に抜擢されるなど上層部からの期待も大きく、
また昨年の経験もあるため、この枠は実質、野本と平田の一騎打ちかと思われていた。

ところが蓋を開けてみれば、ルーキーにすらお株を奪われる不甲斐なさ。
守る方でも練習試合でエラーをして途中で代えられるなど散々な内容。

なにしろ頭数は多いので、一旦グループから外れると追い上げは非常に困難になってくる。
セサルがいる、大島がいる、松井佑がいる、平田がいる。
この間をかき分けて再び注目を浴びるには、野本も後に続いて答えを出し続けるしかない。

幸い、まだ春先なので挽回のチャンスはいくらもである。

今の野本はまだ、






尻にメラついてる



って感じだが、これがメラミやメラゾーマになった時、いよいよ野本は窮地に追い込まれる。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/494-6bd296f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック