上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 




よく「今年のキーマンは誰か」というような質問があるが、
どう転んだって中日の場合、答えはブランコの一択しかない。


以前から書いているように、今季はかなりの自信をもって中日優勝と予想している。
いや、予想というよりはもはや断言に近いほど絶対的にそう確信している。
もしも優勝できなければ、これまで私が野球観戦で培ってきた「目」は丸っきりの節穴だったと言ってもいい。
それくらい今季の中日の優勝は規定路線なのである。私の中では。

しかし、万が一これが覆るような大変な事態が起きるとなれば、
原因はブランコの不振以外にはちょっと考えれらないのだ。

長いペナントレース、全員が全員好調を維持するというのは難しいわけで、
レギュラーメンバーや先発投手の中から1~2人は奮わぬまま一年を終える選手がでてくると思う。
そのようなマイナス要素をいかに他の選手で埋めることができるかが勝敗を分けるのだが、
ブランコに限ってはコケてしまうとバックアップが一切効かなくなってしまう。

たとえば和田とセサルが共倒れでも他に外野手は掃いて捨てるほどおり、
それこそ大島なり松井佑なりを日替わりで起用すればなんとか事足りる。
アライバにしたって、谷と岩崎達が既に安定した実力を持っているので意外と心配はないし、
谷繁だって、元から打力は無に近いので、守るだけなら前田、松井雅などでかろうじて賄えるだろう。

では、ブランコがコケたらバックアップはできるのか。
現状、優先的に起用されるのは福田だが、正直ブランコの代わりをやるには実力不足の感が否めない。
続いて名前が挙がるのが中田亮、新井、柳田といったところか。


正直言おう。ムリ!
何しろ他のポジションと違い、一塁に求められるのはひたすら打つ。それだけ。
それもただの一塁ではなく不動の4番を張る一塁だ。
昨年、ブランコが怒涛のごとく打ちまくっていた時期にチームも急上昇カーブを描いたように、
4番の成績というのはチーム状態に直結するのだ。

成績だけではない。4番の精神状態もチームには大きな影響を与える。
4番が委縮すればチームも委縮する。4番が発奮すればチームも乗ってくる。
いわば4番打者とはチームを背中で引っ張っていく絶対的な核である。

だから、自らが史上屈指の4番打者だった落合は「4番は動かさない」という信念を崩さず、
多少波があっても昨年はCSも含む全151試合すべてでブランコを4番に据え続けたのだ。






去年は7月31日に館山に食らったこの死球から調子を一気に下げ、
前半戦だけで28本放ったアーチも後半戦は11本と別人のようにおとなしくなってしまった。

すると巨人に追い付け追い越せだったチームのムードもブランコに合わせるように勢いを失い、
終わってみれば12ゲームの大差をつけられての幕切れになった。

スポーツに"if"は禁物というが、もしこの死球がなければ、あるいは展開は変わっていたかもしれない。
それくらい死球による4番の不調は、チーム結果に直結してしまったのだ。

4番が4番でいてくれさえすれば、中日は必ず優勝できる。
ただし4番が途中で誰かに代わったり、打順を下げられたりすれば、中日の優勝はなくなる。
キーマンはブランコ。要は40本打てばいいのだ。

スポンサーサイト


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2010.03.05(Fri)00:14 | ブランコ ※ | Comment : 00 | Trackback : 00 | 


 
FC2カウンター
プロフィール
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブックマークに追加する
FC2アフィリエイト
FC2ブログランキング
FC2ブログジャンキー
カレンダー(月別)
QRコード
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
メールフォーム
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ