イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]

突然ですが、クイズです。




野村克也、広岡達朗、藤田元司、仰木彬、森祇晶


名将中の名将と語られるこの5人には、ある共通点があります。
その共通点とは一体なんでしょう。


【ヒント】
・察しのいい方なら写真を一瞥すればお分かりになるだろう。
・ここに将来、古田敦也が加わるかもしれない。


もうお分かりだろう、名将たちに共通するスポーツマンらしからぬ特徴。
というわけで正解は「メガネ」でした。

これは今日、ベンチに座るメガネ姿の落合監督を見ていてハッと気付いたことである。
あるいは昨季途中から突然落合監督がメガネをかけるようになったのは、
この法則に信子夫人がいち早く気付き、名将の例に倣ってメガネを勧めたからかもしれない。

かつてブーマーや門田の体型に倣い夫人協力のもと体重増を成功させた落合のこと。
今回も視力とは関係なく名将のゲン担ぎでメガネをかけ始めたとしても不思議ではない。

落合が初めてメガネ着用で采配を振るったのは、記憶が正しければ昨年8月上旬のことだった。
このとき、チームはちょうど快進撃を続け巨人のしっぽに手が届きかけていたころだ。
人一倍ゲンに気を使う落合が、この大事な時期に敢えて流れを変えかねないメガネ着用で臨んだことを、
私はわずかながら疑問に感じていたのだが、そういうことなら説明がつく。







そしてその流れに、今度はあの原監督も乗ってきた。
昨季も幾度かメガネ着用で采配を振るったことがあったようだが、
今季は常時メガネでペナントレースに臨むらしい。
(しかも頬に手を置く権藤監督ポーズの併せ技!)

偶然にも、原と落合は現役の中では最も名将に近い高勝率を誇る監督である。
そこに先述の古田が名乗りを挙げれば・・・。
名将=メガネ。掘り下げて研究すれば論文で発表できるような法則の発見だ。

また、この流れを加速させるかのように、遂にあの名監督もメガネを装備してきた。







53歳の岡田監督は何を思ってこのサングラスを選んだのか。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/507-2b1b3e94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック