イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]



名作「ドラゴンボール」の中の有名なひとコマがある。

圧倒的な強さを誇るフリーザを前に、成す術もなく絶望に暮れる悟飯、クリリン、ピッコロ。
それでも奇跡を信じて立ち向かう3人に、フリーザは無慈悲な言葉を吐き捨てる。



「当たり前だ…たった3匹のアリが恐竜に勝てると思ったのか?」




●中日0-8巨人


我々は、所詮アリに過ぎないのか。

試合開始前、巨人は松本を欠いていることだし、もしや今回は意外とうまくいっちゃうんじゃなかろうか、
そんな淡い期待を抱いてワクワクして開始を待っていた甘々な私の希望はズタズタに引き裂かれた。

これが現状での中日と巨人との力の差なのだとしたら、もはや一点の光明をも見出す事はむずかしい。
打力だとか投手力だとかの云々以前の問題として、そもそも戦闘値が違いすぎる。そう感じた。

これは小手先のやりくりでごまかしの効くような「差」じゃない。
チェンを中5日で持ってこようが、相手投手の利き腕に応じて打順を組み換えようが、
残念ながらそんなものは今の巨人には到底通じそうもない。

とにかく巨人は、"非情"に強い。
今年の巨人の怖いところは、相手の息の根が完全に止まるまで攻撃の手を緩めないとこだ。
3点、4点差じゃ飽き足らず、大量点差がつき戦意を喪失するまで徹底的にボコボコにしてくる。

私も物心ついてからかなり熱心にプロ野球を見ていると自負しているが、
ここまでとんでもない強さを感じるチームはちょっと記憶にない。

とりあえず今、はっきりしているのは、このチームを倒さなければ優勝できないということ。
そしてまだ中日には、まともにぶつかって勝てるだけの力がないということ。
それだけである。


もちろん中日でさえこの状況なのだから、他球団ががんばって帳尻を合わせてくれるのはまず期待できない。
なんだかんだ言って、巨人を止めることのできるチームがあるとすれば、それは中日だけ。
そのことに関しては疑いの余地はない。

だったら、もっと強くならなければならない。
もっともっと強くなって、巨人を本気で焦らせるくらいにならないといけない。

中日にはそれができる。
できると信じているから、どんなに無慈悲な負け方をしても、私は中日を応援し続ける。







ガラガラのスタンドの空席がどんなに増えようと、私はこのチームに希望を託す。
見捨てる気なんて微塵もねえよ。落ち込むときは選手もファンも一緒だ。





【おまけ】




今日の試合、いちばん悔しがってるのはAKB48の篠田麻里子に会い損ねた平田(先日登録抹消)あたりだと思う。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/520-af0117c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。