イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]

●中日3-4x広島


荒木雅博は基本的に打撃に期待してはいけない選手だ。

アライバでセットになっているせいか不動の1番打者のようなイメージが定着しているが、
打者としての能力は12球団の先頭打者でもあきらかにブービーを競うレベルである。
だから中継で解説者が「怖い1,2番」と言っていると、おいおいと突っ込みを入れたくなる。


その荒木がかれこれ8年以上もレギュラーを張っていられるのは、
ご存じのとおりゴールデングラブ6度受賞を誇る守備、そして盗塁王にも輝いた走力があるからこそだ。
確かに守備と足の両方を併せ持つ内野手というのは貴重なため、重宝されるのもむりはない。

要は「打たないし小技もできないけど、守備と盗塁はすごい」。
荒木とは、一芸に秀でたスペシャリストタイプの選手なのである。



では、そういうタイプの選手から「一芸」をまるっと抜いてみたらどうなるのか・・・












守れない、走れない荒木は、ただの荒木




もはや「アライバ」の荒木じゃない。今の荒木はただの荒木になってしまっている。
このままの荒木では、今後もエラーの連発は予想されチーム状態も上向かないだろう。

かつての黄金期メンバーに陰りが見える落合竜、果たしてこの危機をどう乗り越えるのか!?




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/525-308bd65c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。