上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 





日本人というのは遺伝子レベルで「浪速節」を好むようで。
いかに社会の成果主義化が進もうと、根っこの部分では「努力」や「根性」といった泥臭さを信奉しており、
成績をバシバシ残すドライな人間よりも多少欠点のあっても人柄のよい人間が評価される、そんなお国柄だ。


だから日本にいるときは典型的な個人主義者とのイメージからアンチも多かったイチローが、
例のWBCをめぐる熱い言動をきっかけに一気にこちら側へ「歩み寄り」、
一躍CMなどでもひょうきんな一面をみせる国民的スターになったのもこの精神によるところが大きいと思う。







ところで・・・、
「一試合や二試合で判断できない」(落合監督談)のは確かながら、ブランコが復調気配なのは頼もしい限りだ。

開幕からここまで、ブランコは一貫して70点くらいの成績を維持し続けてきた。
打率、本塁打、打点、すべてにおいて及第点はクリアしているもの、期待度からするとイマイチ、という感じ。
もちろんオープン戦があまりにアレだったので当時の不安を考えればまずまずやっている方なのだろうが、
昨年の爆発的な活躍を知っているだけに、まだまだこんなもんじゃないだろ、と思ってしまうのはやむを得ない。

特に今季のブランコは割とどうでもいい場面での帳尻弾、それもソロが多い印象で、
序盤での「ここで打てば主導権を握れる」といった打席ではことごとく三振に倒れている気がする。
額面上は70点でも、やや辛めに本音で評価するなら50点にも達していないのが現状だと思う。

その悩めるブランコが、楽天戦で2試合連発ホームランを放ったわけだ。
森野と和田の急降下と反比例するかのような昇り調子に「うまくいかないものだ」とお思いの方もおられるだろうが、
打順的にこの3人の中で最も影響力の大きいのは間違いなく4番・ブランコであり、
森野と和田がいくら打ちまくっても貯金4個を作るに留まることが分かった今、
やはりこのチームが本気で首位巨人を追走するつもりならブランコの復調は絶対にして最低条件なのである。


なんでも23日の試合後、2時間にも及ぶ居残り特打で感覚を呼び戻そうとひたすらバットを振り込んだそうではないか。
かねてより評判の高いブランコの真面目さ、ストイックな姿勢が垣間見えるエピソードで、
典型的な日本人気質をもつ私などはこれだけでブランコへの愛情が80ポイントくらい上昇してしまった。

努力は自分を裏切らない、だけじゃ通用しないのがプロの世界の厳しさ。
が、充分通用している選手がさらなる高みを目指し行う努力は必ず成果に表れると思う。
ブランコには努力ができる才能が備わっている。昨季のような大爆発も、そう遠くはないと見た。



セサルは・・・知らん。





スポンサーサイト


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2010.05.25(Tue)22:25 | ブランコ ※ | Comment : 00 | Trackback : 00 | 


 
FC2カウンター
プロフィール
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブックマークに追加する
FC2アフィリエイト
FC2ブログランキング
FC2ブログジャンキー
カレンダー(月別)
QRコード
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
メールフォーム
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ