上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 

●中日2-5横浜











春先に比べて負けてもストレスを感じなくなっていることに気付いた。



7.0差という絶望に指先のかかった状況が、もはやストレスを感じるエネルギーすら失わせているのも要因のひと
つとして大いにあり得るが、それ以上に「まあこれなら負けてもアリか」と思うような選手起用を落合監督が振る
い始めているのが最大の理由なのだと思う。


個人名を挙げると春先および昨季までは李とセサルの二大「害人」の存在がファンのストレス指数をバッキバキに
上昇させていたのに対し、最近の布陣は兼ねてからファンが望んでいた形に限りなく近いもので、堂上兄弟の同時
出場などという思いっきりメディア受けの良い起用はこれまでの落合監督にはあまりみられなかった采配でもある。


今日のスタメンにしたって、2番に中川を入れて昨日無安打の堂上直も残したりと、とにかくファンが見たいも
のを直近の成績に関係なく実現してくれているあたり、良い意味で落合監督らしく無さが見えてきている。

三冠王を三回も取った超一流野球人に、私のようなズブの素人が上から目線の意見を述べるのはどうかとも思う
が、ようやく落合も自分の理想を追い求めているだけでは勝てないし、支持率も低下する一方だということに気付
いてくれたのかな、と。
まるで閉じこもりがちの息子に初めて友達ができた時の母親の心境のような、素直な喜びを私は感じている。



だが一方で、たかだが数週間の「ドン底」を味わっただけでこうも劇的に方針を変えられるのであれば、もっと早
く何らかの対策を講じておけよ、と借金を背負うまで己の信念を曲げなかった落合監督の頑固さに若干の憤りを感
じるのも事実。


固執して変な選手を起用し続けている間に、一体どれだけの若竜を育てることができたか。
過去のことをつべこべ言っても仕方がないが、思い出したらイライラしてきたので言ってやろう。







李炳圭コノヤロー!




俺たちの3年返せ!





スポンサーサイト


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2010.06.24(Thu)23:25 | 李炳圭 ※ | Comment : 00 | Trackback : 00 | 


 
FC2カウンター
プロフィール
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブックマークに追加する
FC2アフィリエイト
FC2ブログランキング
FC2ブログジャンキー
カレンダー(月別)
QRコード
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
メールフォーム
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ