イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]


オールスターの出場選手が決定した。
中日からは選手間投票、監督推薦により巨人に次ぐ7選手が出場する。



ファン投票が例年になくお寒い状況であったため、今年はせいぜい森野、和田、浅尾あたりが監督推薦で数合わせ的
に選ばれるのかな、くらいに思っていたのだが、蓋を開けてみれば名の通った選手は全員選出という驚きの結果になった。

好調阪神が5人だったり、横浜に至っては山口ただ1人であったりを考えると、5割をうろついて観客動員も低迷している
うちのようなチームからこんなに大勢が選ばれても良いものかと少々申し訳なさすら感じるほどだ。



オールスターというのは、今でこそブランドに翳りがみえるものの、1年に一度の夢の舞台としてこれまで多くの名対決や
夢のチーム編成が組まれ、80年代には毎年のように視聴率30%を超える人気コンテンツであった。
最近でもルーキー時代の上原とイチローの対戦や、ゴジラ松井と松坂の対戦、あるいは藤川が全直球でカブレラやローズに
挑んだのは記憶に新しく、一人のプロ野球ファンとして非常にワクワクしながら(かつては)見ていたものである。

と同時に、選手としても「前半戦頑張った殊勲の証」として大いに自信になるだろうし、普段は話せないような相手チームの
選手から一流の考え方・技を学んだり、仲良くなって球界に人脈を作るのにも最適な場になる。
例え最初で最後のオールスターになろうと、あの独特の高揚感と雰囲気を味わうことは選手にとって一生の財産だ。


あの落合博満をして「球宴は特別」と言わしめる夢の舞台。
前半戦、輝きを放ったスター選手にだけ味わうことのできる至高の舞台は、決して





・怪我を押して試合に出てさらに悪化させた選手


とか、


・怪我する前も大して活躍していなかった選手


とか、


・そもそも二か月近く試合に出ていない選手




とかが復帰への踏み台として利用するような場所ではないのは言うまでもなく、
もし万が一、そんな選手が何かの間違いで選出されたとしても、辞退を申し出るのが礼儀だと思うのだ。


まさかと思うがこんな状態にあって辞退もせず、いけしゃあしゃあと







「体は大丈夫。ベンチにどっかり座って岩隈と対戦したいっす」




などと厚かましいことを言った日には、「どこのチームの選手だ!図々しい!」と、指を指して笑ってやろうと思う。





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/570-cae90cb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。