イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]

○中日5-4横浜



清水隆行や金城龍彦のような野性味あふれる打撃をする選手が好きだ。



彼らはどちらもいわゆる「早打ち」を得意としており、配球だのデータだのは隅に置いといて、
とりあえず打てると思った球を強く引っ張る!という典型的なチャンスメーカータイプの選手だ。
清水の、レーザー光線のように一直線に低空飛行するライナー性の打球には幾度やられたことか。


中日でいえば昨年の藤井はこれに近い魅力があったように思えるが、今季はすっかり穴ばかり広がった上に、
肝心の思い切りの良さが単なる雑さになってしまっており、ご存じの通り不甲斐ない成績に終わっている。

藤井がいなくなった中日の打線は荒木を除けば揃って「決め打ち」「読み打ち」あるいは「何も考えてない打ち」
の打者がズラッと並び、この打者が出ると盛り上がる!というようなムードメーカー的な選手がいないのが現状だ。



そんな中最近、好調を維持している待望の「野性児」が、貴重な2点打を放った堂上兄である。









周知の通り、堂上兄は猛烈な初球マニアだ。

この日もブーチェックの初球、スライダーを思いっきり振りぬき、打球はあっという間にライトフェンスに直撃。
これだけ聞けば「狙い打ち」かのように思うが、おそらくブーチェックが直球を投げていても堂上兄は同じようにフルス
イングしていたことだろうし、結果が出たから良かったものの、博打に近いパフォーマンスであることは否めない。


ただ、ともすれば淡白な打席になりがちな初球打ちを躊躇することなく実践できるのは相当に肝が座っており、
特にファームとの当落線上にいる立場上、どうしても慎重になりがちな打席でこのようなスイングができるというのは、
いよいよ自分の仕事=代打で結果を残すということに関しての覚悟ができてきたのかな、と。

これが嵌れば立浪と井上の引退によって空席になった左の代打枠がみごとに埋まるため、明日からも"野性児"堂上兄の
打席というのは3時間の中のほんの数秒であっても、見逃せないものになりそうである。


久々に代打でワクワクできる選手が一本立ちしつつあることを喜び、お粗末な拙守の嵐だった本編には触れないでおこう。





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/571-f7c3dc93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。