イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]




このコーナーは、歴戦の名試合をあたかも当時に戻ったような感覚で楽しんで頂くタイムスリップ企画である。

記念すべき第一回目に取り上げるのは1999年8月17日、ナゴヤドームでの巨人戦だ。

当時の背景を説明しておこう。開幕から首位街道を驀進していた(1日だけ首位を明け渡したが)中日は、
貯金20、2位巨人に4.5差を付け順調に優勝への歩を進めていた。
この日から始まった首位攻防戦は「真夏の天王山」と称され、ペナントの行方を占う上での大一番となった。
その初戦、巨人の先発は新人離れした活躍をする上原浩二、対する中日はベテラン山本昌。

天王山にふさわしい息詰まる一戦の行方は果たして―。






○3x-2巨人



関川で始まり、関川で終わった今夜の一戦。


試合後、関川の口から出たのは意外にも謝罪の言葉だった。
「僕がこんな試合にしてしまって…」
初回、先頭打者として喫した3球三振。そして松井の先制打を"演出"したポジショニングの微妙な判断ミス。
誰よりも勝負に熱い男は、劇的な一打を放ってもなお、反省することを忘れない。


こんな男が引っ張るチームだから、最後の最後まで誰もがあきらめるということを知らないのだろう。
上原を代えた巨人ベンチの采配ミスと言ってしまえばそれまでだが、しかし、中日以外との試合であったなら、果たして
長嶋茂雄は8回1失点に抑えていたスーパールーキーを敢えて交代させていただろうか?

おそらく、答えはノーだ。
8回になんとか1点を奪うのがやっとだった中日打線を、巨人は必要以上に恐れたのだ。
すさまじい緊張感の中、この1点がまるで猛反撃の号砲にでも思えたのではないだろうか。



9回裏、ベンチが動く。上原に比べれば、申し訳ないが非常にやりやすい相手である槙原が出てくる。
制球がさだまらない。井上が軽く合わせるようなヒットで出塁した瞬間、中日ファンは勝利を確信したことだろう。

この手の試合は、雰囲気によって大きく流れが変わるものだ。
序盤は張り詰めたような空気の中、やはり上原にやられるのかという重さが球場を支配していた。
そういう試合のビハインドの9回裏は、得てしてファンはヤケクソで盛り上げようとする。

一球一球にわきあがる大歓声と、それに動揺するかのような槙原の乱れた制球。
「あれ?これはひょっとしたらひょっとするんじゃないか?」
ベンチが、ファンが、グラウンドに立つ選手達がそう感じ始めた時―、試合は一気に動き出す。


まるで序盤の重い空気から解放されたかのように。











最後にもう一つ。
もしこの試合、勝利したのが巨人であったなら、巨人の選手達はこんな風に涙を流し、抱き合って喜んだだろうか。


おそらく、これも答えはノーだ。 今の中日と巨人とでは、優勝への執念が違う。
一勝に対してこんなに感情を豊かに喜び、涙まで流してしまう男は巨人にはいるはずもない。

まさに執念の塊ともいえる関川のサヨナラ打は、夏をさらに熱く盛り上げ、チームを11年振りの悲願へと導いていく。






【1999年8月17日週の音楽TOP5】
1 Driver's High   L'Arc~en~Ciel
2 なぜ・・・ Hysteric Blue
3 Boys&Girls    浜崎あゆみ
4 BE TOGETHER  鈴木あみ
5 Sunny Day Sunday センチメンタル・バス


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/589-d59f591d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。