イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]



○全セ4-1全パ





後半戦に臨むにあたって、現状の中日の不安点といえば森野の不調が真っ先に思い当たる。


交流戦半ばまでは開眼したかのようにヒットを量産し、イチローの210本を塗り替えるペースとまで言われていたのだが、
一時は4割台に乗っていた打率もここへきて降下の一途をたどり、今では3割2分台と平凡な数字まで落ちてしまった。


チームが直近9勝2敗と怒涛の勢いをみせているのであまり表立って問題視されることはないが、ようやく1,2番が機能し始め、
なおかつブランコ、和田がきちんと仕事をしている中、3番打者の不調は本当は大問題である。









特に目立つのが、甘い球を高く打ち上げてしまうパターン。
それでも7月初頭はフェンスギリギリくらいまでは飛んでいたのだが、最近では得点圏でも内野フライを上げるケース
が多く、進塁打にもならない凡フライを上げる様はクリーンアップとしては物足りないと言わざるを得ない。


森野の魅力は甘い球を確実にとらえてキレイに伸びていくライナー性のツーベースにあると思っているので、
「来た!」という球をとらえ切れない打席を見るに、やはり相当状態が悪いのだということが一目瞭然。



 「まーた打ち上げちゃった」



とでも言うような、ベンチに下がるときのこの表情を何度見させられたことか。






さてAS休みが明けると、火曜からはビジターでに巨人、阪神6連戦が待ち受けている。
まだ天王山というには早すぎるが、これ以上離されないためにも最悪5割で乗り切りたいこのロード。


そういう時に森野の絶不調は、正直めちゃめちゃ痛い。
成績的にASに選出されるのは当然ながら、本音をいえばここはゆっくり5連休をとらせてあげたかった。
リフレッシュし、仕切り直しで6連戦を迎えるのが森野にとってベストだと思っていたからだ。


しかし、仮にもイチロー記録を抜きかけていた男。
なんのこっちゃない、ASの舞台でそんな素人考えをものの見事に打ち砕いてくれた。







森野、大復活!?



4安打の固め打ちは、お祭り男の本領発揮か、はたまた6連戦大爆発の伏線か。





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/590-ad1457a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック