イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]

○3-2巨人




試合開始前、予想されていた先発は吉見か中田賢のどちらかだった。


特に巨人の先発が東野であることが8割方確実だったため、勝ち越しを狙うのであればそれが定石だろう。
しかし、蓋を開けてみればコールされたのは、相手のエース級にぶつけるにはあまりに不安すぎるこの男だった。





 

弾丸ネルソン!




おそらく、この発表の時点で狭い東京ドームをフルに活かした巨人打線の猛攻を覚悟した方は少なくないだろう。
なんてったって、向こうは東野なのだ。
防御率的にみればせいぜい取れても3点、つまりネルソンは最悪2点で抑えなければこの試合、勝てないということだ。


正直言おう。私はネルソンをぜんっぜん信じてなかった。大差の敗北は確実とさえ思った。
そういえば例の連続完封の真っただ中に予想に反して登場し、あっさり記録を継続させたのはこの男だったが、あの時とは
相手が違う。しかも今日は脅威の存在感を誇る高橋由がスタメンに名を連ねているではないか。
吉見、チェンであっても6回3失点なら御の字という凄い打線を相手に、ネルソンが踏ん張れる訳など・・・無い!



その不安通り、ネルソンは先頭の坂本をいきなり四球で歩かせてしまう。
ここは巨人の拙攻に助けられ奇跡的に切り抜けるも、この後もネルソンはことごとく走者を出す苦しい投球を続ける。

相次ぐカウント3ボール。
いつ猛攻に遭ってもおかしくない、まるで酔っ払いが綱渡りをしているような危うい投球の連続。
全打者、全投球が緊張感で一杯という心臓に悪い試合展開も気付けば5回を終え、なんだかんだで無失点に抑えながら、








ラミレスを三打席連続三振に斬るなど、戦前にネルソンに抱いていた不安も、いつしかほのかな期待に変わり、怖い阿部
に対してカウント2-3から変化球で見逃し三振をとった時にははっきりと「こいつぁ凄い!」との確信に変わったのである。

まあ結局、この後すぐに脇谷の2ランで降板することになるのだが、粗さだけじゃない非凡さをこれでもかと見せてくれた
だけでも、真夏のお盆連戦を前にチームにとって非常に大きな収穫になったのではなかろうか。
何よりもネルソンvs,東野という一見すれば試合放棄にさえ思える対戦で僅差の勝利をもぎ取ったのが大きい。




それににしても前回も今回も、ネルソンは「まさか」という結果を平然と残す訳の分からない投手だ。
ほんとのこと言うと、今日だって何がそんなに良くてあれだけ巨人打線を翻弄できたのか分からない、まさに謎の外人。


204cmという長身と、やけに長い手足。印象的な顔の造形、歯の白さ。
なんだかアマゾンの原住民がそのまま日本に来たような一種異様な不気味さを漂わせるこの男だが、







どうやらチームメイトとは、割とうまく溶け込んでいるらしい。よかった、よかった。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは
いつも楽しく読ませてもらってます

巨人に勝ち越したのは大きいですよね。
一昨日あんな負け方しただけに・・・^^;
ネルソンは予想外にやってくれますね。
やりましたー! って言うんではないかとか思ったりしてましたよ;

さて大事な大事な阪神三連戦ですね!
どちらも勢いがあるのでいい勝負がまた展開されるのではないでしょうか
更新がんばってください。
2010/07/30(金) 09:48:56 | URL | 上昇気竜 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
◆上昇気竜さん
いやいや、まさかコメントを頂いた6日前とこんなにも状況が変わっているとは(笑)
てことは、さらに6日後にはまた全く違った展開になっている可能性もありえるわけで。

連勝、連敗の流れに惑わされぬよう冷静に観戦していきたいものです。
最近、すぐに「優勝あきらめた!落合辞めろ!」なんて言い出す耐性のないファンが増えてるように思うので。
2010/08/04(水) 23:42:46 | URL | いくと #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/597-68939a34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック