イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]






昨夜、甲子園のバックスクリーンへぶち込んだ一発が今季23本目のアーチだった。



今更言うまでもないが、今年のブランコは冗談抜きで酷すぎる。
ラミレス、ブラゼルが既に30本台のレベルでキング争いをしている中、彼らより打率も得点圏打率が低いブランコが
未だ和田よりも5本少ない20本台前半に留まってるというのは、チームとしてもかなり痛い。痛すぎる。


そもそも2月に来日した時に昨年とは別人のように丸々と肥えた姿をみせたときから不安はあったのだが、
まさかここまで劣化が激しいとは予想していなかった。少なくとも35本くらいは見積もっていたのだが―。



さらに印象を悪くしているのが、異常なまでの三振の多さである。
このタイプの打者に三振が付きものなのは仕方ないにせよ、それはあくまで「引き替えとしてホームランが多い」ことが
前提にあるわけで、8月時点で23本程度の打者がぶっちぎりの三振王では、正直言って話にならないのである。


論より証拠、次の表を見てもらいたい。








どうだろうか。
追い込まれれば5割以上は三振するのだから、投手としては2ストライクを取った時点で勝ったようなもの。
そもそも打率自体も2割4分台と低いので、今季のブランコは安牌と呼ばれても致仕方ないダメ助っ人なのだ。


また、開幕からどれだけ待ち続けても、一向に上向かないどころかだんだん低迷してきているのも実にまずい。
次の表はここ5試合の打席結果なのだが…、






なんじゃ、こりゃ





たぶん今季のブランコは、もうダメだと思う。

ホームランを打つたびに「これを機に復調して欲しい」と願い続けてきたが、さすがにこういったデータを並べていくと、
何か根本的に考え方なり技術なりを変えない限りは昨年のような輝きは戻って来ないように思える。


シーズンが始まる前、私は「中日の優勝は間違いない。ただし、ブランコが機能すれば」と予防線を張っておいたのだが、
まさしくその通りの展開になってしまっているのは皮肉である。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/603-1a59bc59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。