イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]

○4x-3広島




"この9年間、あなたは何をしてきましたか?"



日韓W杯が開催された2002年から数えて、今年がその9年目にあたる。
振り返ってみればあっという間かもしれないが、9年あれば人は成長もできるし廃れることもできる。


たとえば当時高校2年生、受験勉強に励んでいた私が9年経った今社会人の3年目を迎えていたり、たとえば当時生まれ
た赤ん坊が今では生意気盛りの小学2年生になっていたりと考えると、時の移ろいをしみじみと実感する。



9年というのはそれだけ長いスパンなのだ。

何かしらの努力を9年間も続ければ、報われるにしろそうでないにしろ、普通はどちらかの結果には転ぶものである。
結果が生まれるからこそ、どこかのタイミングで見切りを付けることもできるわけだが、もし9年間、どちらにも転ばず延々と
暗中模索の日々を努力し続けながら送れと言われれば、それはほとんど生き地獄のようなものである。



今日のヒーローは、そんな生き地獄にもめげずに9年目の「結果」を自らの手で叩きだした男だった。

高卒で入団して9年目、ただの一度も陽の目を浴びることなく、報われるとも知らないファームでひたすらに練習に励んで
きた男が、その成果を遂に、遂に、3万人超の大観衆の前でみせることができた。









12回裏、漂い始めたドローの空気を切り裂く快心のツーベースを放った前田章は、塁上で大きく両手を叩いた。

「万感のガッツポーズ」などと言葉で表現することは容易いが、前田章にとってこのガッツポーズは、おおよそ他人には
測り知ることのできないような9年分の喜怒哀楽センチメント、さまざまな感情が入り乱れたものなのだろう。



長すぎた9年間。
だがまだ27歳。人生の3分の1を「忍耐」に費やした男は、やはり強い。





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/614-cd6ed9c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック