イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]

○3-1巨人




9回表、マウンドに現れたのは・・・山井だった。
そりゃそうだ。ここまでノーヒット投球の投手を、ここで交代させる筋合いがどこにある。


だが3年前のあの秋、そこにいるべき山井はおらず、代わりにマウンドに立ったのは岩瀬だった。
今なお議論の対象となる、あの伝説の「日本一完全試合リレー」
今夜の試合は、まるで野球の神様が山井にもう一度チャンスを与えたような、そんな運命的な試合だった。



ちなみにあの采配に関しての私の意見は、当時から一貫して「落合支持」である。

確かに中日ファン以外の人間からすれば「見たかった」というのはよく分かるが、中日ファンがどれだけ日本一に飢えていた
かというのは中日ファンにしか分からないことであるし、あの時の山井の投球なら9割方完全試合は間違いなかったにせよ、
それでもやはり岩瀬という存在は、目の前に迫った日本一をより確実に取りに行くには最高の切り札だったのである。


と言うようなことを落合支持派がどれだけ声高に主張したところで、納得できない人には永遠に納得してもらえないようだが、
今回の「ノーノー未遂」はどんな主張よりも強い説得力を持って、あの采配の正当性を立証してくれたように思う。









9回先頭の坂本の打球がレフトスタンドに突き刺さったとき、おそらく多くの方は「あ~」と苦笑したことだろう。
ただ苦笑で済むのは打たれてもなお2点の優位があったからで、もしこれが1-0の展開ならと思うと背筋が寒くなる。


たとえば1989年、巨人の斎藤雅がノーノー直前の9回に打ちこまれ、落合のサヨナラ弾でまさかの逆転負けを喫した試合
などは、中日にとっては栄光の記憶であっても巨人にとっては思いだしたくもない屈辱の記憶にちがいない。
要はノーノーや完全試合などは勝利の副産物でしかなく、あくまで優先すべきはチームの勝利であるべきだ。
ましてやそれがシーズンの中でも一番大事な大手をかけた日本シリーズの9回であれば、尚更のこと。


もしあの時、山井が続投していたなら。
坂本のホームランは、その答えだったように思えてならない。





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
「あの秋の答え」とは素晴らしいタイトルをつけましたね。


私が言いたいことを言ってくれた気がして非常にうれしい。

お若いのに、毎度のことながら完璧な文章ですね!
2010/08/18(水) 23:34:13 | URL | ukon #-[ 編集]
頷きながら読ませていただきました。
完全同意です。

それにしても今日もあとちょっとのところで。。。
本人も「僕らしい」と仰ってましたね。思わず笑っちゃいました。

こうなったら3度目の正直を期待しましょう。
そんな期待をさせてくれるのが我らが山井投手!
2010/08/19(木) 02:10:17 | URL | みぽりん #uvcXFM.c[ 編集]
お疲れ様です!
ここのところシリアス路線に変更か?とか思いつつ、楽しく読ませてもらってます。
今日はそのひとつの到達点を見た気がしますね。
「あの秋の答え」
ひい~かっこエエ~!

自分も全く同感です。

と言いつつたまにはネタに走るのも期待してます(笑)

あー勝ってると気分良い。
2010/08/19(木) 06:37:46 | URL | nagoming #-[ 編集]
おはようございます。
いつもいくとさんのブログを
大変楽しく読ませていただいております巴です。


3年前のあの秋,私も落合監督支持です。

でもでも。
そうは言っても現地観戦していた昨日は,
9回表を投げる山井投手のノーヒットノーランを願ってた!
なので,3年前の試合,落合監督支持とは言いつつ,
坂本選手のホームランで思わず涙ぐんでしまいました。



とはいえ,いい試合でした。
坂本選手にホームランを打たれた後に
山井投手がマウンドを去るときの
観衆からの大歓声も大変印象に残りました。
もちろん「山井,よくやったーーーーー!!!」の歓声です。

山井投手,いい試合をありがとうございました。
2010/08/19(木) 09:51:42 | URL | 巴 #S1jFQil.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/618-7491ebf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック