イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]

○7-2横浜






超絶的な活躍をみせる投手陣とは対照的に、深刻な得点力不足にあえぐ打者陣。
中でも・・・というよりその元凶は開幕以来ひたすら不振に陥り続けているブランコに他ならず、いくら一発の魅力があるとは
いえ、その5倍以上も三振の確率の方が高いのでは打線の「流れ」を考える上でお荷物と言わざるを得ない。


とにかく2ストライクになれば極端に打率が下がることからも、投手にとっては極めて打ち取りやすい選手であり、まぐれ
当たりの一発さえ気を付けていれば12球団でも随一の安牌。それが今季のブランコの率直な評価だと思う。

ブランコがそんなんだから未だ3割5分前後を維持する和田が歩かされるケースが非常に増えたりと、彼の不調はチームの
勝敗に直結するため「ブランコがまともに打っていれば今頃独走していた」との声が多く聞かれるのも無理はない。
実際、もし今季優勝を逃すようなことがあれば、あまり好きな言葉ではないが「戦犯」はブランコということになるだろう。




だが、もしも―、ここからブランコがいきなり復調し、ホームラン量産体制に入ったとしたら・・・。
投手陣には何ら不安が無い今、打線を動かす「心臓」がその鼓動を取り戻したとしたら・・・。











つまり、そういうことだ。


すべての歯車を回すも止めるもブランコ次第。
果たしてこの爆発は本物か、あるいはフロックか。明日のゲームが非常に楽しみである。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/639-356e5700
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。