イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]

n-bb-061220-01-ns.jpg


中日ラブストーリー

第一話「竜の翼になる」




今日、名古屋市内のホテルで「新人選手発表会」が行われた。
優勝旅行も無事終わり、休む間もなく新たな選手達の入団発表・・・。
こういうニュースが続くと、イヤでも気持ちを来季に向けざるを得なくなる。
そう、栄光の2006年は、早くも「過去」になりつつあるのだ。

何度も言っているが、2007年は落合竜にとって全く新たな戦いの始まりの年である。
今年までの戦い方や考え方では到底勝てはしないだろうし、
山本昌や立浪といった老舗の選手達がいよいよ退団する事にもなるだろう。
また今後1~2年は、川上、福留、ウッズの退団など、
とにかく激動の出来事が数多く待ち受けていると思われる。

だがそれはある日突然やって来る物ではなく、
いつか来るであろうことが予想できていた未来だ。
リスクマネジメントとはニュアンスが違うが、
要は防げるリスクには早めの処置を施すことが肝心。

「新人入団発表会」と「リスクマネジメント」。
察しの良い人ならお気づきかもしれない。

そう、その予想し得る暗黒の未来を救う者こそが、
いわゆる「落合チルドレン」の存在なのである。

そんな訳で、今日の入団発表会は例年にも増して重要な意味を持つ物なのだ。


さて、今季入団する8人の新人選手達の中でも、
ピカイチのスーパー救世主といえば、
ご存知、い血が流れし男・堂上直倫である。

だが中日の未来を担うであろう救世主のことを、
いつまでも「堂上弟」とか呼ぶのも少し違和感がある。
そこで、今日は李の時と同様にあだ名を授けようと思う。

まぁ無難な線なら「直倫」「なおりん」が適当だろうが、
やはりそれじゃオリジナリティに欠ける。
何か面白いネーミングは無いものか・・・。




直倫(なおみち)。

なおみち。

なお・・・ち。

なおち。

ん?「なおち」・・・?




naoti

な、なおちだとぉぉぉ!!!!




東京ラブストーリーの永尾完治(カンチ)に因んで、
堂上直のあだ名は「ナオチ」に決定。

今後ナオチが繰り広げる、
涙無しには見られないラブストーリーに乞うご期待。

ある世代以上の若者にはついていけないネタかもしれないが、
そういう人は今すぐTSUTAYAで元ネタをレンタルするべし。



明日につづく。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/65-4d9b3412
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック