イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]

 「絶対に負けられない戦いが、そこにはある!」




何年か前にテレ朝が日本代表のキャッチフレーズとして毎試合毎試合しつこいくらい流しまくり、挙句は親善試合のような「絶
対に負けられない」わけでもない試合のときもバカの一つ覚えのように使っていたこの宣伝文句。記憶に新しいと思う。
この宣伝文句が今日本で一番似合うチームがあるとすれば・・・それはおそらく中日ということになるだろう。



中日の残り試合は3つ(横-ヤ-ヤ)。もちろん3戦全勝できれば最高なのだが、苦手ヤクルトと2度対戦しなくてはいけない事か
ら、2勝1敗というのが現実的な線だと思う。というか、1勝2敗や3敗ならまず絶望的だと考えておいた方がいい。

このうち1敗が濃厚なのは26日の神宮でのヤクルト戦である。
いくら館山と石川が出てこないとは言え、今季2度しか勝っていない神宮でそう易々と勝たせてもらえるとは考えにくいし、3試
合目は10月2日と日程がやや離れていることもあり、それまでにペナントの行方が決まっている可能性も考慮すると、今どう
こう考えるのは時期尚早、やはり大事なのは明日あさっての2試合となる。


・・・という算段は、すべて明日の横浜戦での勝利が前提であり、もし明日負けるようなことがあればヤクルトとの2試合が「絶
対に負けられない試合」となってしまい、冷静に考えてそれはとても難しい話なのでなんとしても避けなければならない。
厳しい言い方になるが、ここで最下位相手に取りこぼすようなら、優勝なんて甘い夢は見るべきではないのだろう。
それくらい明日は「負けられない戦い」、かつ「勝てるはずの戦い」なのだ。


それにしても、阪神との3連戦前も大概緊張したが、明日の横浜戦にここまでの重圧を感じながら臨むことになろうとは。
勝って当たり前の試合が一番しんどいのだと実感すると同時に、ファンでこうなのだから選手の気持ちは…、察して余りある。









でもまぁ、普通にやれば勝てる相手なのだ。
ここまでくれば10点取られようが何しようが、ゲームセットの瞬間に勝ってれば問題なし。内容は一切問うつもりはない。

だから、お願いだから、勝って!




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/652-c127d75b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック