イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]

●2-3ヤクルト








胴上げを見るために集まった満員のファンの前で、4年振りにペナントを披露した中日ナイン。
「結局最後までヤクルトには負けんのかよ!」というツッコミと共に、私は心からこう叫びたい。




  「みんな、最高だ!」 




詳しいペナント回顧は明日以降書いていこうと思うのだが、正直言ってつい数ヶ月前、7月上旬頃まではまさか本当に優勝
できるとは思ってもいなかったわけで、堂上直や山本昌がその立役者になった事など未だに夢を見ているようである。

まぁ結局のところ、ファンさえも一度はあきらめかけた大きな目標を、他ならぬ選手達は信じ続けてきたのだろうな、と。
一時は8.0ゲームも離された状態からよくここまで巻き返したという意味で、本当に選手達は立派だし、最高だと思う。

特に圧倒的な戦力を誇るはずの巨人と阪神がこける中、スーっと抜け出した「ちゃっかり具合」はお見事の一言。
2004年の優勝監督インタビューで落合は「やればこうやってできるんです!」と胸を張っていたが、まさに今季もあのときと同じ
ように、やりくりの巧さで勝ち得た「優勝」だと思う。ほんと落合の野球脳は半端ない。

ただし終わってみれば79勝と、12差を付けられての2位だった昨年の81勝を下回る結果だったことは大いに反省すべきで、
たとえ巨人や阪神が85勝するくらい強くても、それを上回るような強いチームを目指さなければ連覇は叶わないだろう。


もちろんその前には、CSもあるし日本シリーズもあるのだが、日程的にはまだもうちょっと先の話。
それまでは、束の間の喜びに浸っていようではないか。

改めて・・・おめでとう!そしてありがとう!




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/659-904f4233
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。