イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]






昨年10月、3年もの間チームの足を引っ張り続けた李炳圭が退団するとの報を聞き、歓喜したファンは少なくないはずだ。
打てない、守れない、走れない。それだけなら良い。さらに緩慢ともとれるプレイを連発し、史上最悪の「害人」と揶揄された
李炳圭はおそらく今後ファンの間で長らく(悪い意味で)語り継がれていくことになるだろう。


その李炳圭とも遂に別れの日がやって来て、さあ2010年は誰にも邪魔されることなく思う存分落合采配を満喫するぞと楽し
みにしていた矢先・・・その男は日本に降り立った。







ディオニス・セサル。
恒例のドミニカ修行中、入団オーディションに参加したところを森繁和コーチに目を付けられ急遽来日。

「メキシコリーグで40盗塁をマークしたスイッチヒッターで、内外野守れるユーティリティプレイヤー」というのが我々に与えら
れたとりあえずの情報だったのだが・・・、正直この時点でパチモン臭はプンプン漂っていた。
実際、当初よりファンの間でもセサルの獲得には懐疑的な意見が多くを占めていたが、時すでに遅し。
来日後もキャンプから主に守備で精彩を欠く姿をみせ、嫌な予感は日に日に濃くなっていった。

その後のダメっぷりは知っての通りだが、今考えれば信じられないことに開幕時はセカンドのスタメンで出場していたのだ。
特に開幕戦での失策に始まり、記録に残らないものも含めた守備でのミスの多さ、得点圏での弱さや三振の多さなどこれ
でもかと言うほど欠点だらけの彼の姿に、いつしか人は「李炳圭は優良外人だった」などととんでもない事を言い出す始末。
なるほど、窮地に陥ったときに人間は強引な相対評価に逃げるのかという新たな発見ができたのは収穫だったが、とにかく
セサルは3月28日にサヨナラ安打を放った以外、これと言った活躍を一切しないまま解雇されることが先日、決まった。


では、ある意味で前半戦の象徴ともいえるこの男は一体中日に何を残したのか。セサルとは一体なんだったのか。
一言でいうならば、







「セサルも被害者である」




すべての元凶は李炳圭だ。

李炳圭がいなければこんなに批判されることもなく、よくいるダメ外人の一人で終わっていただろうに。
結局、最初から最後までファンは何かとセサルと李炳圭を比較してはその類似性を見つけて叩いていたのではないだろうか。

たまたま李炳圭のあとに入団し、同じ背番号を受け継ぎ、同じように活躍ができなかった。
そして李炳圭と同じように不可解に起用され続けることを危惧し、私も含めファンはセサルの存在すら許さなかった。

今思えばセサルもファンの心理にこびりついたトラウマの被害者だったのだ。
なんの関係もないセサルをこちらの勝手な思いで寄ってたかって貶したことについては、素直に謝りたい。




 「だったら来年もいさせてヨ」



ムリ。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ウケました!
解雇、いや回顧のトップバッターがいきなりセサル!(爆)
しかもまたいい写真みつけてきましたね~

そう。前半のセカンドスタメンだったなんて、今思うとホント恐ろしいことです。
人柄は良さそうな感じですが・・・もうムリです(笑)


なかなか書き込みできず今頃になって、しかもセサルネタに食いつくことになっちゃいましたが(笑)優勝よかったですね~!

いくとさんが早くから優勝を予想していたのがハッタリにしか思えなかった私はまだまだ青いです。

2010/10/06(水) 01:02:08 | URL | みぽりん #uvcXFM.c[ 編集]
とりあえず悪い人ではないと言うことが分かってはいたのですが(エラーする度お風呂の中で激しく凹んでいたそうです)やはり戦力どころか足手まといにしかならない彼が中日にい続ける義理は無いわけで,外人スカウト係の森コーチには猛省してもらわなければなりませんね。

ディンゴ,ビョン吉の再来といってもいいセサル。来年の外国人選手こそは基本プレーが無難にできてそこそこ小技も出来る,というかアレックスみたいな外人が来て欲しいものです。謙虚で練習熱心でならそこそこ戦力で構わないので来日してもらいたいものです。


うん,例えるなら・・・・・・ジョシュ・ハミルトン(絶対に無理だ)
2010/10/06(水) 18:09:07 | URL | jhljhrsf #-[ 編集]
Re: タイトルなし
◆みぽりんさん
改めましておめでとうございます。
例年に比べ「よっしゃああ!!!」という感じはやや薄い優勝でしたが、それでも優勝は立派です。

なぜ回顧の第一弾がセサルなのか・・・、今季の勝因は「セサルに拘らなかったこと」に尽きると思うんですよね。
早い段階で見切りを付け、ファームへ幽閉したこと。これが大きかった。
ビョンのように最後までスタメンで出し続けていればおそらく優勝はできなかったでしょうから、
いじわるな見方をすればセサルは今季の弱かった時期の中日を象徴する選手だと思うんです。

ちなみに春先の「優勝予想」はたまたまでもハッタリでもなく、ガチで確信してましたよ(笑)
毎年春先に記事は書いてますが、あんなにはっきり優勝を宣言したことは一度もありません。
そのくらい自信がありました。運と流れが8割を占めるCSは予想できませんが。
2010/10/09(土) 10:35:47 | URL | いくと #-[ 編集]
Re: タイトルなし
◆jhljhrsfさん
毎日のようにコメントを頂いていながらなかなかお返しできずすいません。
ただちゃんと読んでますし、なるべく週末にはレスポンスしますので、これからお願いします。

さて・・・ほんとに優勝しちゃいましたね。
一週間経ってもなおいまいち実感のわかない今日このごろですが。
やっぱりCSの存在が余計なんでしょうね。昔はシーズンが決まればそれにて一年間おしまいって感じでしたが、
最近はリーグ優勝が「一段落」でしかない。選手一同、三週間も待たされて気持ちの切り替えが難しいと思います。
2010/10/09(土) 10:40:11 | URL | いくと #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/662-4ca471cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。