イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]

ようやくパリーグのCSが開幕し、セリーグもいよいよ来週に迫る中、にわかにストーブリーグが熱気を帯びてきている。


話題の中心はもっぱら楽天の新監督への就任が決定的とされる星野仙一だ。
噂によれば組閣は中日OBで固めるとの情報もあり、編成も含め全権が星野監督に委託されるようだ。
関川や種田ら一昔前のドラ戦士たちがワインレッドのユニフォームに袖を通す姿はなかなか楽しみであるし、なんと言っても
不動の4番・山崎武、さらに鉄平や小山もいたりと、見間違いそうになるほど中日カラーの強いチームになるかもしれない。


そんな中で、星野新監督の最初の腕の見せどころとされるのがあの大物メジャーリーガーの獲得である。
星野監督といえば阪神時代もFA等で金本、下柳、片岡、伊良部、アリアスらを軒並み説き伏せて2003Vへの地盤を作り上げ
た「政治力」こそがその最大の得意技であり、今回も就任早々かなり積極的な補強を断行するものと予想されている。

特に、不安の多い投手陣は絶対のエース・岩隈がメジャー移籍で抜けることもあって補強は必須。
そこで田中、永井と若いエース級を引っ張っていけるベテランとしてトップ交渉で口説きにかかるであろう投手というのが、







川上憲伸である



メジャー2年目の今季は1勝10敗と散々な成績に終わり、POでは故障でもないのに出場登録から外されるなど立場は危うい。

年齢も35歳とそろそろ引退後の道も考えて帰国という選択肢を10%でも川上が持っているとしたら・・・、必ず星野は獲る。
持ち前の政治力と歯切れの良い口説き文句で一ヶ月もすれば楽天・川上が満面の笑みで入団会見を行っている事だろう。

同じ四国で育ち、同大学を経て同じ中日ドラゴンズで師弟関係を築いた星野と川上が、再び同じユニフォームで戦う。
非常に道理にかなった話で美談にも昇華しやすい自然な流れとも思えるが、さて中日的には黙って見ていて良いものか。

そもそも川上憲伸は、星野仙一の愛弟子である前に、大事な大事な中日のエースである。
吉見とチェンが限りなくエースに近い存在にはなったものの、まだ一本立ちさせるには不安も多く、何よりかつての川上のよう
に、有無を言わさず投げっぷりでエースたる者を誇示する威圧感がこの二人には、まだ無い。

そこで投手陣の精神的リーダーとして若い先発陣の見本になるような投手=川上が戻ってきてくれればこんなに頼もしいこと
はなく、ただでさえ強固な投手陣は12球団でも類を見ない最強のスタッフへと整備されるだろう。


かつて巨人入りが決まりかけていた三冠・落合博満を4対1の破格の交換条件でぶん獲った「世紀のトレード」の時のように、
楽天入りが有力視される川上の逆転獲得、これが今オフのストーブリーグの最大の見どころだと個人的には思うのである。
(世紀のトレードの仕掛け人が、他でもない星野仙一であることは置いといて・・・)
川上憲伸には、それだけの価値がある。





次回「林昌勇も獲れ!」に続く。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
どうせ仲良し首脳陣で3年程度で楽天をボロボロにして終わりますよ,私自身あまり星野さんは好きじゃないです。北京の一件を除いても。
っていうかもうそろそろ憲伸忘れましょう。岡田投手の記事でも書かれていましたがもう中日は憲伸を忘れる頃合いだと思うのです,私も海の向こうで活躍している彼を応援し続けてはいましたがそれはあくまで「もと中日の選手だから」という感傷でしか無く,今回の川上出戻りはもう他の所に行かせても良いと思うのです。
井口,城島といった辺りが活躍していますが,憲伸が藪のように大損という目も当てられない結果になるのが怖くてしかたありません。「彼に限って」という思いもありますが今の中日に憲伸が出すことの出来なかった「色」があります。
私が最も恐れているのは「色」合いのバランスが憲伸加入で崩れてしまう可能性があるということです,憲伸がメジャーへいってから中日はますます「何とかして岩瀬へ!」というチームになりそれが今シーズン勝てた要因であり我々の胃を痛めた要因でもあります。憲伸加入でどことなく微妙なバランスで保ってきたチーム状況が崩れたら・・・・・・これじゃあビョン吉の再来のようなものです,中継ぎ全盛期の現在野球において先発完投型の川上憲伸は必要か?と私の知り合いが言っていたように盤石中継ぎ陣の登板機会を失ってしまうような気もします。

要するに信じてあげましょうよ今の中日を,中田や吉見が大きく飛躍してくれることを祈りましょう。彼らに期待しないで海外から戻ってくる人達だけにスポットを当て続けるメディアに腹が立つ毎日ですが,いくとさんそんなメディアとは違うということを祈りたいです。




追伸:上の中田や吉見のところに朝倉の名前入れるの忘れてました・・・・・・。
2010/10/10(日) 09:44:11 | URL | jhljhrsf #-[ 編集]
Re: タイトルなし
◆jhljhrsfさん
>岡田投手の記事でも書かれていましたが
書きましたっけ?(笑)なんだかえらく隅々までお読みになられているようでめちゃくちゃ光栄です。
さて川上憲伸の問題ですが・・・、実は私はメジャーには全く興味がなく、渡米した瞬間から川上の成績など
チラっとテレビで見て「ふぅ~ん」と思う程度にしか関心を持ってませんでした。
しかし中日時代は(個人的に)断トツで好きな選手でして、未だに駐車場や居酒屋の靴箱の番号は「11」を選んでるほどです(笑)
何しろ11年間、応援し続けた思い入れの深い選手ですから、川上に限っては獲得できる可能性がほんの少しでもある
なら直ちに参戦して欲しいと考えております。

それと色合いのバランスについてですが、確かにそういう悪影響みたいなものは承知しています。
たとえば松井秀喜が巨人に戻ったとしたら間違いなく「清原化(と私は呼んでいるのですが)」し、
本音はベンチに置いときたくても存在感と実績がそれを許さない的な、面倒なお荷物になってしまうでしょう。
ただしそれは打者の場合で、基本投手は何人いたって構わないと思います。特に先発は週に一度ですからね。
また現在の先発陣に30代中盤の投手はいないので、年齢的にもバランスが合うのかな、と。

川上が元中日であることとは置いおいて、単純に「補強」として考えても川上獲得は大いにアリだと思います。


ところでjhljhrsfさんって高校生ですよね?その分析力と文章力、末恐ろしいです。
2010/10/10(日) 10:08:28 | URL | いくと #-[ 編集]
お二人のやりとりをなるほど~と思いながら読ませて頂きましたが…高校生!?
ぜひお二人にクライマックスと日本シリーズのテレビ解説をお願いしたいです。
変な解説者よりよっぽど分析力があると思います。





2010/10/10(日) 14:02:30 | URL | ナゴミン #-[ 編集]
Re: タイトルなし
◆ナゴミンさん
すごいですよねー、最近の高校生は。
僕が高校生の時なんか「よっしゃ!勝った!超嬉しい!マジ嬉しい!」しか言ってませんでしたよ。

テレビ解説ですが、木俣や小松は取材してませんね。
一応グラウンドで中日選手と喋ったりはするのでしょうが、相手チームと交流を深める気は無い感じです。
交流戦のときなんか、パの選手の名前すら知らないですからね、あの人たち。
もっとも、そこがローカル味にあふれていて好きなんですが(笑)
2010/10/10(日) 21:09:21 | URL | いくと #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/665-bcaf62f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック