上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 





偏に補強と言っても二種類ある。
欠点を補うための補強と、長所をさらに伸ばすための補強である。


先月中日新聞のコラム「読む野球」にて落合監督が今オフの大規模な血の入れ替えを示唆していたが、それはつまり不甲斐
ない野手陣を中心とした粛清・補強になるのだろうと読み手は受け取ったと思う。
実際、FA宣言を明言している後藤光尊(オ)の中日入団が囁かれたりと水面下では既に動きが始まっているようだ。

確かに来季に向けての中日の最大の補強ポイントが野手陣の強化であることは間違いない。
特に飽和状態の外野や一軍半に浸かった多数のアラサー選手については厳しく見直す時期に来ているのかも知れない。
これがいわゆる「欠点を補うための補強」である。


では目下12球団一といわれる投手陣、殊にリリーフに関しては現状維持でも構わないのかと言うと、そうはいかない。
ただし野手の場合とは違い既に強固なライン、要は高橋-浅尾-岩瀬が定着しているので、補強すべきは平井や小林正らが担
う敗戦処理以上方程式未満の役割かと考えがちなのだが・・・、それでは「長所を伸ばす補強」とはいえないわけで。

改めて確認するが、リリーフ陣における最大の長所は高橋-浅尾-岩瀬の方程式である。
ならば「長所を伸ばす」とは、そこにもう一人、凄いリリーフ投手を加えることなのではなかろうか。

もったいぶって書いてきたが、要するに





林昌勇を何としても獲得したい!絶対に欲しい!



ということが言いたいのである。


しかしここまで素晴らしい投手をタダで獲得できるわけもなく、巨人と阪神、さらにメジャーまでもが獲得を検討しているという。
中でもクルーンの退団が決定的でなおかつ投手陣が壊滅状態の巨人は喉から手が出るほど欲しがっているらしく、報道
によっては既に巨人入りが内定しているかのような記事も目にすることがある。
(むしろ中日が争奪戦に参戦するというニュアンスの記事は見たことがない)

一般的にみれば岩瀬のいる中日がわざわざ争奪戦に参戦するはずがないと思われているのだろうが、岩瀬だって林昌勇だっ
て、クローザーで起用しなければならないというルールなんかどこにもないのである。
ダブルストッパーか、あるいはどちらかをリリーフに回せば全てが解決するわけで、なんら障害になるものではない。

そもそも大々的な選手獲得は和田以来、また争奪戦の参戦に至ってはT.ウッズ以来6年振りのことなので、優勝した今だ
からこそ更なる常勝を目指した補強をそろそろやっても罰は当たらないと思う。
第一巨人は次から次へとヤクルトの外人選手を強奪し過ぎなので、まともな神経なら自粛すべきだと思うのだが。
もっとも、どうしてもクルーンに替わる右のサイドハンドのクローザー候補が欲しいというのなら、







カープの林昌樹に声かければ良いのだ。一文字しか違わんし。



スポンサーサイト


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2010.10.10(Sun)20:59 | チーム全般 | Comment : 04 | Trackback : 00 | 
先日は生意気にも長々と異論を唱えたてすみません,いくとさんの言うように単純な補強としても川上憲伸は魅力的な人材ですよね,すこし考えが足りませんでした。
よくよく考えてみたら清原化(でしたっけ?)していたノリさんを日本シリーズMVPにまで持ち上げたのは落合監督なので心配はいりませんよね。



さて,林昌勇の件ですが確かに巨人はもう少し自重して欲しいです。個人的には

ヤクルト=巨人傘下のマイナー球団


くらいです,悲しすぎます。

他に中日が獲得を検討している野手で私が知っているのは精々横浜の吉村くらいです,今年はすこし外野がガラガラ(左を除いて)だったので妥当な静粛といえるでしょう。性質がかぶっている平田なんかは冷や冷やとしていると思われます,2年目のジンクスをモロに体現してしまった野本も尻にメラゾーマつけっぱなしじゃ話にならないので頑張って欲しいところです。落合野村の両名将が取り合った好選手なんだからそれくらいは期待しても良いはずです。


内野ですが後藤さんはガチで使える選手です,ここ最近のシーズンは怪我に泣かされて(去年のオリックス低迷は彼とローズの長期離脱のせいだと私は思っています)いましたが,攻守において球界屈指の内野手だと私は思っています。
得点圏であまり打てていませんがサード守らせたらぶっちゃけ森野の10倍は守備が上手いです,彼にはまたしても修羅場が来るかもしれませんが来るか来ないかすら分からないのであまり語らないことにします。個人的にはイチオシの選手です。


結論:林昌勇は間違いなく巨人か阪神,「優勝争いができるチームに行きたい」とか言って中日に来てくれたら儲け物と考えましょう。

jhljhrsf #- | URL | 2010.10.11(Mon)09:35 [ 編集 ]
はじめまして
 はじめまして。一角と申します。私もjhljhrsfさんの意見に賛同です。ここ十年近く、巨人はヤクルトから選手を強奪していると言ってもおかしくない感じが続いています。グライシンガー、ゴンザレスをはじめ、ラミレス、少し前にはペタジーニ。高校生の僕から見ても異常といえる補強。また、リリーフのさらなる強化も必要かもしれませんが、個人的には左の本格派の獲得、または育成が必要なのではないかと思います。チーム唯一左の本格派と言ってもいいチェンも数年後メジャーにいる可能性が高いですし。中日の若手で左の本格派候補ってルーキーの岡田くらいの気が・・・。(右は伊藤を始め、高島などもいますが。)あと林昌勇は獲得する必要はないと思います。堂上兄弟、平田、岩崎や伊藤などといった選手らによる若返りが始まろうとしているチームに、これ以上三十代半ばの選手が入る必要性がないですから。

一角 #93MCUIlk | URL | 2010.10.11(Mon)16:10 [ 編集 ]
Re: タイトルなし
◆jhljhrsfさん
そう、中村ノリなんてのは操縦をミスれば直ちにお荷物になるリスキーな選手ですが、
それを2年間ではあれ「更生」させ、さらに優勝の立役者にまで押し上げた手腕はガチです。

吉村ってのもどうなんでしょうね。
どんぐりの背比べ状態の外野手たちと大差ないような気がするのですが。
田代コーチによって再生してくれれば良いのですが、それにしても広いナゴヤでどこまで出来るか。不安です。

後藤の話。
藤井に毛が生えた程度かと思いきや、あらゆる面で藤井の二歩上を行った選手のようで。正直欲しいです。
ただし内野は満員な上に「外野コンバート」を交渉で示唆しながら獲得できるとはちょっと思えません。
もし外野手なら間違いなく億を積んででも獲りに行くべき選手だと思うのですが・・・。

ところで当ブログを熟読されてることが窺えるワードがところどころに散見でき、大変嬉しくおもいます。

いくと #- | URL | 2010.10.11(Mon)20:32 [ 編集 ]
Re: はじめまして
◆一角さん
コメントありがとうございます!今後もごひいきにお願いします!

さて林昌勇ですが、確かに若返りの著しい今のチームで30半ばの投手はちょっと・・・というのも分かります。
が!林昌勇はあくまで外人なのでさほど年齢は気にすることないと思いますよ。
薄情な言い方をすれば、ダメなら放出すれば良いわけですし。あれだけの逸材を逃すのはもったいないです。

そして何より、放っておけば巨人か阪神入りが確実視されているのが一番の問題でして。
中日が補強がすることは同時に巨人あるいは阪神の弱体にも繋がり、一石二鳥だと思います。
まあ現状、どうも熱心に獲得にはいかないようですが、あくまで個人的な意見として。

ところで・・・


>高校生の僕から見ても異常といえる補強
出た!またしても高校生!
今時の高校生すげー、ってのと同時に、10代にも読んで頂いていることが何より嬉しいです。
当然ながら平成生まれなわけですよね。凄い・・・。


いくと #- | URL | 2010.10.11(Mon)20:44 [ 編集 ]


 
FC2カウンター
プロフィール
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブックマークに追加する
FC2アフィリエイト
FC2ブログランキング
FC2ブログジャンキー
カレンダー(月別)
QRコード
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
メールフォーム
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ