イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]

【キーマン達の日本シリーズ】






今季幾度となくピンチを救ってくれた勝利の方程式・高橋浅尾岩瀬。


出番とあらば投げまくったその足跡はそれぞれ72、63、54試合という異常なまでの登板数によく表れている。
おそらくシーズンMVPには和田一浩が選出されるのだろうが、この3人にも同等の賞をまとめて授与したいくらいだ。
それくらい彼らの功績は―、貧打線に泣くチームをギリギリのところで救い続けたその功績は、手放しで褒めるに値する。

だが中日の十八番として登板したCSでは、3人共が失点を許すというシーズン中にはあまり無かった光景をみせてしまった。
(岩瀬は第3戦で阿部に被弾、高橋浅尾は第4戦でそれぞれ失点)
今回のCSは藤川球児が炎上するわ、ソフトバンクが誇るSBMも崩壊するわとセパ共に自慢のリリーフ陣がことごとく誤算を生
んだことが思いもよらぬドラマを作るきっかけとなったが、危うく中日もそのパターンに嵌るところであった。


結果的に、全国放送された最終戦を見ていた数千万人もの一般人は「中日の中継ぎも大したことないじゃん!」という感想を
持ったかもしれない。これが自慢の中継ぎ陣?巨人の打線の方が強いよ!などと厚顔無恥にのたまいながら。
だとすれば悔しいが、それはCSにおいてシーズン同様の仕事ができなかった高橋浅尾岩瀬自身に隙があるということだ。

和田が決めてくれて勝ちはしたが、現実的にかなりヤバい状況にまで追い込まれつつあったのは紛れもない事実。
優勝の種明かしというわけではないが、この3人が崩れれば今季の中日はめちゃくちゃ脆いのだ。
特に高橋と浅尾は夏場に約一ヶ月も失点を許さないという神がかった投球を続け、優勝できたのはそのおかげだとさえ思う。
言いかえればその2人がCS最終戦のように同時にコケれば、たちまちあのようなヤバい展開になるわけで。

何しろシーズンとは比べ物にならないほど一球の持つ意味合いや責任が重大になるのが日本シリーズという舞台である。
3人には酷だが、シリーズではどんなプレッシャーがのしかかろうと絶対に失点を許さないよう細心の注意を払って欲しい。


思いだされるは、忘れもしない、あの悪夢・・・









自慢のリリーフが、屈強なパのスラッガーに木っ端微塵に打ち砕かれたあのシリーズから6年。
当時より若返り、バージョンアップした新方程式はマリンガン打線を相手にゼロを並べることができるだろうか。
CSのリベンジを期して、最強の方程式が導きだす解は「日本一」の三文字しかない。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
忘れもしない、あの悪夢・・・懐かしさとともに、悔しさがこみあげて参ります。

今年は、何としても日本一を!と願っています。土曜日が待ち遠しいですネ。


2010/10/27(水) 23:49:56 | URL | ukon #-[ 編集]
とにかく成瀬を打ち崩すのは至難の業でしょうから彼らにかかっています。

吉見,チェンが7回まで投げたら残りは方程式。
岩瀬がかなり心配ですがもうここまできたら調子が悪いとかいってられないので頑張りましょう。幸いロッテにはホームランバッターがいないんですから,あの悪夢の再来にはならないと思います。
2010/10/28(木) 14:18:49 | URL | jhljhrsf #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/682-67ad3a18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。