イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]


○4-3ロッテ



普通なら、余裕で負けていてもおかしくない内容だった。

シーズン通しても滅多にない牽制死が2つ、エラーあり、ミスあり、先発投手は早々に降板・・・。
こんだけちょんぼを犯しながら、長い長い熱戦を制することができたのは、神様の浮気性に助けられたとしか言いようがない。
よく野球の神様が微笑んだ方が勝つとか言うが、今日はどっち付かずの超優柔不断な神様が試合を裁いたようで。


ハイライトは10回裏、一死満塁。打席にはCSから好調を維持するベテラン・福浦。

そもそもこのピンチ自体がライト英智のミスにより招かれたものであり、延長まできてそのようなミスをした時点で致命傷とな
るのが常というもの。正直9割の中日ファンが本心ではサヨナラ負けを覚悟していたと思うし、「よほどうまいことがない限りは負
けたな」と、腹を括ったことだろう。

だが、これだけグダグダな野球をみせる中日にも、なぜか神様はとっておきのミラクルを用意して下さっていた。








これを奇跡と言わずしてなんと言おうか。

2-3からの勝負の一球、うまく流された…と思った打球は代わったばかりの堂上直のグラブにすっぽり収まり、さらにたま
たま捕球した体勢がベースを踏みながらであったために、併殺が完成。最大のピンチを一瞬にして脱したのである。


その直後に大島の決勝タイムリーが飛び出し、スコア上は「接戦に勝った!」という結果にはなった。
が、史上稀に見るドタバタ劇の、最後の最後でたまたま神様がこっちを向いてくれた「だけ」なのも事実。
どんな形でも勝てば良いのが短期決戦だとは言え、さすがにここまでクオリティが低いと不満の一つも言いたくなってしまう。

だから今日は勝とうが負けようが、戒るためにも厳しいことを書こうと、あのピンチを脱したときに決めたのだが。
でもよくよく考えてみると、今シーズンの中日の優勝自体が多少なりとも「運」に助けられた感の強いものだと思っており、こ
こでまた奇跡的な「運」に救われたのを見るに、今季はもうこれが中日らしさなのかなと妙に納得してしまったのである。


要は、今年の中日には野球の神様がついているのだ。そして神様は、どんなに目移りしたって最後はこっちに戻ってくる。
今日のめちゃくちゃな内容で勝てたのなら、もうどんな試合も怖くない。神通力で王手、いただきましょう。





こんだけ長い試合ならPerfume行って帰ってきても延長戦見られたじゃねえか!ちくしょっ!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
Perfumeライブは20:30には終わってたみたいですからね(笑)


今日はさすがに痺れましたね!
負け試合をよく勝ちました\(^O^)/
2010/11/04(木) 02:09:16 | URL | ikki #-[ 編集]
しびれたー
お疲れ様でした。
シビれたけど確かにグダグダでしたね(笑)

でも運だけでもない気もしますよ。
9回裏の浅尾、10回裏の高橋ともに、ちょっとふてぶてしいくらい
全く弱気な気配無く、明らかに戦う男の顔してました。
見てるこっちはほとんど「だめだコリャ」な気分だったんですけど。。。

それにミスをしようが打てなかろうが紙一重で勝負できる練習をしてきたのが今年のドラゴンズなんですよね。たぶん…(笑)

今日の高橋浅尾を見て、来年が楽しみになりました。






2010/11/04(木) 05:10:58 | URL | nagoming #-[ 編集]
打線に自動アウト機が2つもある中日がよく勝てたモノです。きっちり5番で終わらせられるように仕向けてくる里崎のリードにちょっとばかし苛つきながらも最後は大島が決めてくれました。
3,4番が計6本のヒット,それでも3点止まりの要因はその前後を打つ二人でしょう。

簡単にアウトを二つも献上してたんじゃあ……そりゃあ神通力以外に頼るモノもなくなります。Perfumeを蹴った分の試合を今度こそ期待しましょう。
2010/11/04(木) 07:14:17 | URL | jhljhrsf #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/689-cdb37719
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。