イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]

いつのころからだろう。プロ野球選手のファッションが洗練されてきたのは。


浅尾やらダルビッシュやらモデル級の選手が続々と現れたことですっかりイメージが変わってきたが、
つい一昔前までのプロ野球選手といえばヤクザ顔負けのナンセンスファッションが定番であった。

ゴルフパンツに革靴、大きな柄入りのダボダボのセーター、金のネックレス、セカンドバッグ、パンチパーマ…。
平成生まれ諸君には想像もつかないだろうが、プロ野球選手の身なり=ダサいというのが一般認識だったのだ。

対してサッカー選手はJリーグ草創期より非常にハイセンスで、2002W杯の際には宮本や川口、稲本らイケメン選手達が
今風のヘアスタイルと着こなしでファッション誌の表紙を飾りまくるというのに、こちらは松井秀、江藤、清原、福留、
中村紀らが石原軍団張りのの床屋ヘアやセンス皆無の金髪で夕刊紙の3面を賑わすばかり。

あの時期、一気に若者と女子がサッカーに流れたのも競技性云々以前の問題としてよーく理解できる。
それほどまでに、ついこないだまで野球選手というのは「ダサい」生き物だったのだ。



その後、世間にイケメン旋風が吹き荒れる中で野球界にも伝統的な「ダサさ」を変えんとする流れが急速に生まれ、
今ではサッカーに負けず劣らず…いや、むしろ勝っているのではと思えるほど容姿端麗な選手で溢れかえるまでになった。

その影響なのだろうか、昔に比べてどこの球団も随分と若い女性のファンが増えたなあと感じることが多い。
女の子同士での客など以前はさほど見かけなかったが、最近はそこらの女子高生が平気で友達連れで来ているから驚きだ。
やはり少なからず人気商売である以上、見た目が非常に重要なファクターであることは間違いなかったみたいだ。


だが一方で、あの泥臭かった時代の、ダサかった時代のプロ野球が懐かしくなることもしばしばで。
たまにはナンセンスな着こなしの「ザ・プロ野球選手」と言うべき昭和臭い選手がいても良いなと思ったりもする。

あの時代の、とりあえずブランド物を買っとけば間違いないだろ的なチンピラ感あふれるファッションセンスが懐かしい。
そう思っていた矢先、こんなニュースが飛び込んできた。














あー、近年めずらしく昭和のにおいがプンプンする。
しかもアルマーニってチョイスがもろ昭和で泣けてくる。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いよいよですね,ここからは指名順もベテランも若手も同じ学校の後輩先輩も関係ない,実力至上主義のサバイバルレースが始まるわけです。

昭和男,なかなかいいじゃないですか。たしか大野君はギリギリ昭和の生まれだったはずですしきっと昔のセンスが彼の中にはまだ息づいているんでしょう。

2010/12/14(火) 21:03:19 | URL | jhljhrsf #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/710-72f1bda0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック