イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]

2010年。
落合政権7年目のシーズンは、4年振りのリーグ制覇という輝かしい成果を収めた。
井端の離脱、吉見、岩瀬、ブランコの不調など常識的には到底超えられそうにもない障害を幾つも抱えながらも、
落合博満はまたしても持ち前のやりくりの巧さでそれらを克服し、優勝という離れ業をやってのけた。

さらに兼ねてから落合政権の課題ともいわれてきた育成においても堂上直や大島ら若手の積極起用に
よって世代交代を推し進め、来季以降に向けて大いに希望を持たせてくれたことは手放しでの評価に値する。


そのチームにあって今季最大の功労者が和田であることは前回の記事でも書いた通りだが、
一方でチームの「顔」として奮闘し、今やナンバーワンの人気・実力を誇るスター選手といえば、この男しかいるまい。







浅尾拓也。
絶対に手放してはならない無二の「宝」があるとすれば、中日にとってのそれは浅尾だと思う。
スター性、能力、地元出身、ルックス、人格、すべてにおいて浅尾は10~15年に一度の逸材である。

90年代後半に川上、井端、福留、岩瀬ら「超主力」が軒並み入団して以来、中日の生え抜きは圧倒的な
爆発力をもつ素材に不足していた感が強い。そこに現れた久々の「超主力」こそ浅尾であり、今後10年間は
中日の「顔」として働いてもらうためにも堂上直と共に何がなんでも引き留めておくべき選手である。

来る2011年は、今年以上に登板数が増えるかもしれないし、クローザーでの起用も増えるかもしれない。
いずれにせよ浅尾が離脱なんてことになれば連覇は断たれるだろう。
井端の離脱、吉見、岩瀬、ブランコの不調はなんとかかんとかやりくりでカバーできたものの、
浅尾がそいうことになれば、落合監督の指揮をもってしても致命的な痛手となるのは間違いない。
余人をもって代え難い存在、それが浅尾なのだ。



さて、3年振りに更新に励んだ今シーズン、最後までお付き合い頂いてありがとうございました。
12月31日の記事の主役を誰にするかというのは密かな楽しみなのですが、今年はなんの迷いもなく
浅尾で締めると、前々から決めていました。やはり紅白の大トリ同様、最後は「顔」で締めるものです。

それでは引き続き、来年もお付き合いください。よいお年を。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
一年間ありがとうございました。
勝った時も負けた時も、いつもこちらで気持ちを共有することが出来ました。
来年もリーグ優勝→日本一を目指し、たくさん応援しましょうね。
良いお年を。
2010/12/31(金) 13:55:39 | URL | けいけい #-[ 編集]
確かに、浅尾は今やドラゴンズの顔、そして「命綱」ですね。

連覇、そして日本一のために、彼には来年も、今年並みかそれ以上の活躍を期待します。


今年も一年、お疲れ様でした。

毎日、このブログを拝見するのが、楽しみでした。

来年も、一緒に、ドラゴンズを応援していきましょう!!!!


良いお年を!!!!
2010/12/31(金) 16:13:26 | URL | カズ #-[ 編集]
来年以降もドラゴンズは彼に引っ張ってもらう必要があるでしょうね,浅尾も,そしていくとさんもお疲れ様でした。

来年もドラゴンズを,どれだけ不甲斐ない試合が続いたとしても応援していきましょう。

良いお年を。
2010/12/31(金) 20:00:35 | URL | jhljhrsf #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/716-539d615c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。