イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]





面構えを見ればその人の器量が分かる、という言い方をよくするが、
それに当てはめれば新人時代の落合博満は早くも大物の風格を漂わせているからおもしろい。


なにしろプロ野球の世界はちょっとの事じゃへこたれない強靭な精神力を要する世界ゆえに、
この落合のように多少のふてぶてしさや図太さを感じさせるくらいの面構えがちょうどいいのかもしれない。
そういえば福留や松井秀も最初っから凄い面構えをしていた憶えがある。


当然そんな世界に入ってくるのは選りすぐられた猛者ばかりなので、選手名鑑を眺めていても
いかにも気弱そうだとか、ひ弱な面構えの選手というのは滅多にお目にかかることがない(岩瀬除く)が、
長年プロ野球選手の顔を何百何千と見ていると、微妙ながら「成功する顔」というのが分かるようになってくるものだ。


そんな中で、今の中日において最も野心にあふれた堂々たる面構えをした選手は、この人だと思う。








同い年なので大島くん、と呼ばせてもらうが、彼の面構えは最初からただものじゃなかった。
妻帯者の落ち着きなのだろうか、何事にも動じず、新人特有の「固さ」が無いな、というのが第一印象。


その印象通り昨季はルーキーながらレギュラー級の活躍をし、日本シリーズでは敢闘賞を受賞した。
普通なら「ルーキーなのに凄い!」と手放しで褒めるところなのだが、大島くんに限ってはあまりの落ち着きに
シーズン途中からルーキーであることすら忘れてしまい、完全に野本や藤井と同列に並べて見ていたほどだ。

やはり男は身を固めると落ち着くのだろうか。タメとしては非常に気になるところである。
25歳にして「趣味・家族サービス」というのも家庭的でいい。間違いない、大島洋平は更なる成功を収める選手だ。


ということで今年のキャンプの当ブログイチオシは大島くんに決定!
次回、応援ユニフォーム新調編につづく。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/726-07a02a52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。