イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]




4番目の外人枠に名乗りを挙げたのは無名のテスト生だった。

エンジェルベルト・ソト。ベネズエラからやってきた28歳の左腕はキャンプ初日から完成度の
高さと練習熱心な勤勉さで首脳陣のハートをがっちり掴み、異国での契約を手にした。


とかなんとかそれっぽく書いてるけど、恥ずかしながら完全にノーマークだった。
ヘススは知っていたが、ソトなんて投手が参加していたとは。
しかも経歴を見るに、即戦力で使えそうなタイプではないか。
吉見が出遅れ、山本昌も一時離脱、伊藤や山井、小笠原も不透明な中で頭数は一人でも多い方がいい。
どのくらいやってくれるかは未知数ながら楽しみな逸材が出てきたものである。


…と、小躍りしてみたのも束の間、外人枠(野手・投手各3以内/合計4枠)の制限を考えてみると、
ソトが一軍の切符を掴むには、現時点ではなかなか高いハードルが待ち構えていると言わざるを得ない。
殊に開幕一軍となるとチェン、ネルソン、ブランコ、グスマンの4人で埋まるのはまず間違いなく、
ソトの一軍登録はこのうち誰かひとりが不調あるいは怪我で抹消されるのを待つほかないわけだ。

だがこの4人のうち誰かが抹消されるような事態はチームにとってあまりよろしくないことであり、
一概に「ソトが見れる!」と喜べないのも事実。
それでもベネズエラ出身の左腕とやらを見てみたいという好奇心もあり…。


どうやら今季の外人枠はチェンを除く4人で残り3枠を争う超ハイレベルな競争が見られそうだ。
一昨年二冠王のブランコでさえ安泰とは言えないなんて、傍からみてる分には実に面白い。


いやぁ、今季の外人は5人共に粒ぞろいで何よりだ。
この5人が皆活躍してくれれば優勝待ったなしだろう。
頼もしいなぁ、助っ人5人衆!





あ、そこの外人さん、勝手にグラウンド入っちゃダメだって!



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
キャンプ行ってきました。ソトは見てませんがグスマンやチェンといった外国人は一通り目を通してみましたが,カラスコは……やめときます。確かにネタ要員でした。

登録枠争いですか,どこぞの金満球団のような事態になるとはちょっと意外でしたがこっちは出来レースなどではなく競争です。あまり気にしないことにしておきます。

居残り練習や早出特打は希望者が殺到しているらしく石嶺打撃コーチがあたふたしてました。どうやら今年は去年よりかはハングリーらしいです,落合監督の自己主張采配がなければ……今年も十分戦えることと思います。
2011/02/06(日) 11:31:10 | URL | jhljhrsf #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/740-8e2ee29f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック