イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]

○5-3オリックス



「飛ばない」といわれる統一球が導入されて初めてのオープン戦。


なんだかんだ言いながら大して影響ないだろうと踏んでいたのだが、
7試合で未だゼロの巨人を筆頭に、全体でも昨季の同時期と比べて露骨にホームランが減っているようだ。

ただし日ハムの中田翔やホフパワーのように、打つ人は打っているところを見ると、
どうやらちゃんとした当たりであれば広いドーム球場でも充分スタンドインは可能な模様。
逆に非力打者がフラフラと最前列に「落とす」インチキくさい当たりは激減しそうである。


ナゴヤドームを本拠地にする中日でいえば、大島、荒木、井端あたりはまずホームランは望めそうになく、
和田は先日福岡で左中間にぶち込んだのを見る限りはあまり影響なく微減といったところか。

本来、プロ野球におけるホームランとは、パワーで押し込むものではなく技術で運ぶものだと私は考えているので、
真に技術を持った選手が誰なのかがはっきりするという点で統一球の効果は現状、評価すべきだと思う。


特に、ただでさえ広いナゴヤでホームランを打てる打者の技術は、これ相当なものであろう。
それを踏まえて今日のオリックス戦を振り返ると、





「やっぱ谷繁って技術もってんだなぁ~」



と、メジャー124勝の朴賛浩から40歳がスタンドに運ぶのを見て、最敬礼したくなった。

前田章、田中、松井雅などポストの座を狙う後輩もここにきて成長をみせてきているが、
このベテランの技術を見せられるとやはり今季も女房役は27番だなと実感する次第である。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/757-62d93b43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック