イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]









無敵のセットアッパーがよもやのサヨナラを喫する波乱の展開で2011年の落合竜が始まった。


「浅尾がやられたら仕方ない」と前を向くことは簡単だが、敢えて厳しく試合内容に言及するなら、
やはり高橋の穴は相当大きいな、と。開幕初戦からそう言わざるを得ない展開になってしまった。

結果論ではあるが、高橋がいればネルソンはリードを保ったまま5回で降板していただろう。
少なくとも6回先頭の村田にツーベースを打たれながらも、なお続投という選択はしなかったはずだ。


ところが高橋不在により、三瀬と河原で浅尾・岩瀬まで繋がなければならなくなった。
もしその過程で同点にでもなれば、岩瀬は延長戦の切り札として取っておく必要があるため、
いきなり浅尾を2イニングか、あるいはソト、鈴木ら不安の隠せない投手で継投しなければならない。

ならばネルソンになんとか6回まで投げ切ってもらうのが、あの展開での最善策といえば最善策である。
結果としてネルソンは打たれ、最後は浅尾まで打たれて負けた。それは勝負ごとだから仕方ない。


それより私が不安なのは今日の敗戦云々ではなく、今季は当分こういう戦い方を強いられるという点だ。
昨季は自信を持って送り出していた勝利の方程式が、今季は不安を抱えながらの綱渡り継投になるのだ。
「自信」から「不安」へ変わったメンタリティの差はじわじわとチームを苦しめる気がしてならない。
この一週間で同じようなやられ方をもう一度すれば、ちょっと嫌な流れになってくるだろう。


では連覇のためにどうすれば良いのかというと、これはもう2011年版方程式を早い段階で確立すること。これに尽きる。
高橋が帰ってくるまで我慢とか言ってると、いざ復帰した高橋がいまいちの場合に立ち直れなくなるので、
いっそ今季は高橋はいないものだと考えて新たに方程式を作ることが、今やるべき最優先事項だと、私は思う。

落合監督の手腕の振るいどころである。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
浅尾で負けたのはぶっちゃけしんどいです……肉親に絶壁から突き落とされたくらいショックでした。

やっぱり開幕独特の緊張感があるのでしょうか,浅尾もネルソンも固かったような気がします。唯一全然変わらなかったのがブランコだけとは……森野の二死1,2塁の場面で一度もバットを振ることなく見逃し三振してしまうし,打撃においては去年よりもお寒いような気がしてなりません。

そんな中でグスマンのホームランはまさしく光明です。彼がウッズのように大成してくれれば……

いろんな期待と不安を長いこと楽しめる,負けはしましたがやっぱり野球が,中日が好きなんだと再確認できた開幕戦でした。
2011/04/12(火) 22:31:46 | URL | jhljhrsf #-[ 編集]
イレコミ
個人的にはイレコミじゃなくイクイクドラゴンズのほうがいいかと。

今のドラゴンズにはやっぱりクロマティが必要ですよね!

そんで抑えに野茂がいれば今年は優勝できるよ(^∀^)ノ

パリーグは近鉄で決まりだね。

ロ・メイシいい選手だったなぁ。
2011/04/13(水) 00:25:35 | URL | ナカムラ(株) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/774-43c0e4ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック