イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]








カープが時々とってくる化け物助っ人コレクションにまた一人、とんでもないのが加わってしまった。


やっとミンチーもルイスもいなくなったと思ったら、今度はバリントンである。
しかもこのバリントン、ミンチーやルイスと比べても輪をかけて能力が高いときたもんだ。

聞くところによると2002年の全米ドラフト1位というではないか。
全米ドラフト1位というと、大学時代はA-ロッドやマウアーと同等の能力の持ち主だったということだ。
そんなのがなんで島国日本の、しかも経済力に難のある広島球団にいるのかが不可解極まりない。

昔、バリバリの大リーガー「赤鬼」ことボブ・ホーナーがヤクルトに入ったときは相当話題を呼んだらしいが、
インパクト的にはバリントンももっと大々的に報じられて然るべきプレイヤーだとマジに思う。


さて、そんな化け物助っ人と初対峙した我らが中日ドラゴンズ御一行。
結果はご存じの通り、語るに値せぬほどの惨憺たるものだったが、今後も何度か対戦する可能性がある以上は、
「いやあ、やっぱ全米はすげえよ!降参!」などと感心して拍手してるわけにもいかんのである。

そこで私は昨日のVTRを何度も見直し、些細なことでもいいから何か弱点がないものかと
バリントンの投球を徹底的に研究してみた。その結果、ついに私はひとつの結論に達した。


バリントン攻略の秘訣は―!!!





なし!!!



直球のノビ、スライダーのキレ、細部のコントロール。ぜんぶ付け入るスキもない。
たまーに甘く入るスライダーを見逃さなかった昨日の和田の打ち方が、強いていうなれば唯一の攻略の糸口か。

だが最大の脅威は、この化け物から5点も取った横浜とかいうチームがあるらしいことである。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
どうせ負けるのなら、派手にノーヒットノーランでも食らった方が・・

なんて事は、決して思いません!!


また厄介なのが出てきましたね。
本当、どうやって見つけてくるのか・・。

マエケンと二本柱で、若手投手が勢いづけば、今年の広島はちょっと手強そうですね。


横浜って、たまに、エース級の投手を打ち込むんですよね。

打線が良いのか、相手が油断しているのか・・。
2011/04/30(土) 20:54:31 | URL | カズ #-[ 編集]
あれほどの投手でもメジャー通算1勝だそうです,憲伸が通用しないわけです。

ともあれ,今日がたまたま調子がよかったと捉えるしかないのが現実,広島も横浜と同様,左の篠田や広瀬,トレーシーと去年のようにお得意様ではないようです。

そろそろグスマンをスタメンで使うメリットが見られなくなった今,フロントの顔を立てる期間もそろそろ終わらせてほしいものです。まぁ,どれだけ悪くても一周するまでは使い続けるのでしょうが……
2011/04/30(土) 21:19:14 | URL | jhljhrsf #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/784-c1bdc4dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック