イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]





8回裏の攻撃が始まる前、今季初の円陣が組まれた。
落合監督がどのような檄を飛ばしたのかは分からないが、連日の不甲斐ない攻撃に
遂に指揮官も重い腰を上げざるを得なくなったようだ。


私は期待していた。
勝負ごとなので円陣が直ちに結果に結びつくわけでないことは百も承知である。
ただ、円陣によって少しでも選手の目の色が変わってくれればいい。
それまでの淡白な攻撃を省みて、少しでも食らいつく姿勢をみせてくれればいい。
選手たちがどのような打席内容を見せてくれるのか、それがとても楽しみだった。


ところが先頭の井端は、よりにもよって3球三振で虚しくアウトを献上した。
うつむきながら淡々とベンチへ戻る井端。
そのとき、ある観客の野次がはっきりとテレビ中継の音声に乗ってしまった。





「バーカ!」



心ない罵声。
選手だってやりたくて三振しているわけではないのだから、口汚い野次は抑えるべきである。
だが、お金と時間を払っている観客としては、まるでライン工のように無機質にアウトを重ねていくだけの
「作業」を3時間弱も見せられ続けたら、我慢ならなくなるのもやむを得ない。

負けるのは仕方ない。だが、もっと意志を示して欲しい。
「バーカ!」は罵声ではなくファンからの愛あるエールだと捉え、まずは前を向けと言いたい。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
しかし、打てませんなあ。

確かに見ている側としてはイライラしますね。

まあ、まだまだ先は長いので期待します。
2011/05/08(日) 12:28:20 | URL | ukon #-[ 編集]
 中スポについくらいに「いい加減目を覚ませ,竜打線」とまで言われていました。いくら先発が好投しても勝ちがつかない,完全なる負の連鎖。初回から見ていた私にはただただ苦痛な「作業」……「竜打線」を返上して「ベルトコンベアー打線」と書いてもいいくらいです。

 私もちょっとですが野次らしき声を耳にしました。和田が凡退する度に「いい加減打たんかハゲ!」だったり,初回のグスマンの酷すぎる三振の直後には「2軍で寝とけ!」など……フラストレーションが溜まっているのはファンも選手も同じ,と言いたくなくなってしまうのが今の貧打線の現状ですかね。前の記事でコメントしたとおり試合が見られる環境にある間は彼らを応援し続けるつもりではありますが,投手たちはどうなんでしょうかね……。

 あまりにも野手が打たなさすぎて,投手陣が腐ってモチベーションを崩してしまわないことを祈ります。

 去年でも「10年に一度」とまで言われてましたが。今年は「30年に一度」クラスの貧打線ですね……私は現地観戦する予定が出来としても野次は飛ばさないつもりですが,飛ばされないような試合を彼らがすることが一番大事,それをもっとも感じているのは選手であり,監督なのですから多少は奮起してほしいものです。
2011/05/08(日) 12:56:08 | URL | jhljhrsf #-[ 編集]
コメント返し!
◆ukonさん
勝つときは大勝、負けるときは僅差。
これって本来の落合野球の真逆なんですよね…。
打線はみずものなので、週に一回くらい大量点取っても正直あんまり喜べません。
違う意味で胃が痛くなる試合が増えてこないといけませんね。
2011/05/09(月) 21:36:29 | URL | いくと #-[ 編集]
コメント返し!
◆jhljhrsfさん
ほぼ毎日コメント頂いてどうもありがとうございます。
コメント返しは週一ペースですが、毎日きっちり読んでます!

さて、今季も絶望的に打てずストレスがたまるばかりですが…。
ただ打てないならまだしも、覇気がないのが気になりますね。
なんとか球数を放らせようとか、エンドランで揺さぶるとか、
スコアには表れない工夫をほとんどしないのが弱さの原因かと。

去年も似たようなものでしたけどね。
どうも井端に漂う悲壮感がそのまま打線のムードになってしまって
いるのも悩みのタネです。
2011/05/09(月) 21:49:58 | URL | いくと #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/791-754b6ed7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。