上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 





谷繁の2ランで勝利を確信したときは、今日はネルソンを主役に記事を書くことを決めていた。
おそらくこのあとのスポーツニュースや明日の朝刊でもネルソンが大きく取り上げられるだろう。
(これ書いてるの試合終わってすぐです)


しかし、8回裏二死満塁のあの場面。
ブラゼル相手に3球三振を奪ったあの「3球目」の配球が、感動すら覚えるほどあまりに強烈で、
急遽ネルソンのネタからあの配球の解説へと変更することにした。
とりあえず言えるのは、「改めて谷繁はとんでもないキャッチャーだ!」と。

それでは未だ冷めやらぬ興奮を抑え、解説に移ろう。







まず状況の確認。
投手は浅尾。3連打で1点を失い、なおも一死1,2塁で鳥谷にはフォークで空振三振。
続く新井貴をストレートの四球で歩かせて迎えるのは前の打席ホームランのブラゼル。

ちなみに先の3連打はすべて落ちの甘いフォークを打たれてのもの。
あきらかにフォークの調子がいまいちだったが、鳥谷の打席でも動じずフォークの連投で修整をおこない、
本来のキレを取り戻してきたところでの、ブラゼルである。


さて、ここでバッテリーはフォーク(空振)と内角ストレート(ファール)で簡単に追い込んだ。
圧巻だったのはこの次。打ち気にはやるブラゼルをいかに料理するか。
解説者を含め、見ていた大半は「フォーク連投」を予想したと思う。

このイニングで浅尾は徹底して決め球にはフォークを投じている。しかも徐々にキレが増してきた。
ましてや打席には落ちる球に滅法弱いブラゼルで、カウントは0-2。3球も遊びがある。
セオリーなら…というより、どう考えたってフォーク連投で、一にも二にも振らせようとするのが常だ。


だがフォークはうまく決まれば確実に振らせることができる一方で、リスクを伴うボールでもある。
叩き付けすぎて暴投になったり、少し手元が狂えば甘く浮いて入る危険性も高い。
だからと言ってストレートを投げ込む勇気はさすがにあるまい。
浅尾としては集中すべきは「とにかく低めを意識してフォークを投げる」ことのみ。
言いかえれば高めに浮くようなことは絶対にあってはならないのだ。


対するブラゼルの方は、やはり徹底してフォーク攻めでくることは当然わかっていただろう。
バッテリーがフォークで空振りを狙いにくることも百も承知だったはず。
となると、低めは捨てて高めに入ってきた失投を確実に捉えられるかどうかが全てだ。
もしかすると自己暗示をかけるように「低めは捨てて高めがきたら打つ」と唱えていたかもしれない。


「とにかく低めを意識してフォークを投げる」浅尾と、「低めは捨てて高めがきたら打つ」ブラゼルとの勝負。
この対決に関して、私はブラゼルの膝より下のゾーンしか見ていなかった。
ちゃんと落ちろ、振ってくれ、ちゃんと落ちろ、振ってくれ……!頭の中はその繰り返しである。


ところが、谷繁は私の、そしてブラゼルの脳裏にも微塵もなかったであろう意外な配球をみせた。






かなり高めへの直球!



それも、すっぽ抜けに近いくらいの頭の高さへの直球だ。
だが低めへの意識が過剰なブラゼルは、「高めに来た」というだけで手が出てしまう。
腰を回転させながら、これが失投でないことに気付いたのだろうか、必死でバットを止めようとする。
が、中途半端な体勢で止まり、スイングをとられて勝負あり。中日は3球でピンチを脱したのだった。

誰もが低めを意識し、高めにいったらブラゼルが勝つ可能性の高い状況で、谷繁の選んだのは高めのさらに高め
「高め」はヤバいが、「高めの高め」ならスイングがとれるとは、まさに発想の勝利。
釣り球の一言で片づけるにはあまりに高等な、打者の意識を逆手にとった配球テクニックである。


指示通りに投げた浅尾もさることながら、やはり谷繁のリードはおもしろい。
18.44m、約0.44秒間でのプロフェッショナルな読み合いを知り尽くしたベテランの妙を楽しませてもらった。



スポンサーサイト


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2011.05.13(Fri)23:54 | 谷繁元信 監督 | Comment : 06 | Trackback : 00 | 
携帯でしか状況を知らなかったので、解説ありがとうございます。

谷繁もさすがですが、いくとさんの文章能力もさすが!

見事な解説ですね。

ukon #- | URL | 2011.05.14(Sat)10:29 [ 編集 ]
ドキュメンタリー作家になれます。

toshichan #- | URL | 2011.05.14(Sat)10:50 [ 編集 ]
私もこのシーンにはシビレました♪

みぽりん #uvcXFM.c | URL | 2011.05.14(Sat)10:51 [ 編集 ]
うわぁ またまた素晴らしい解説ですねe-454
たまに読ませていただいてますけど、中日スポーツの記者になれそうですねe-446e-319
私も昨日の試合はブラゼルを三振に仕留めた最後の一球が勝敗を分けたと思ってます。浅尾&谷繁様サイコーe-343


ドラおた #- | URL | 2011.05.14(Sat)13:25 [ 編集 ]
連打をくらった時にはどうなるものかとオロオロしてましたが……

いつもチームを救ってきた浅尾が谷繁に救われましたね。こうやって投打が徐々に噛み合っていってほしいものです。

打率が中学生の身長以下になったグスマンは……まぁ,あの程度の守備でもてはやされるレベルってことで。

jhljhrsf #- | URL | 2011.05.14(Sat)16:04 [ 編集 ]
コメント返し!
◆toshichanさん
とんでもない!しがない25歳の会社員で充分です(笑)

◆みぽりんさん
ああいう場面ってあんまりニュースで流れないんですよね…

◆ドラおたさん
中スポの記者ですか。
学生時代はそっち方面も考えましたが土日休みを優先しました(笑)


いくと #- | URL | 2011.05.16(Mon)22:16 [ 編集 ]


 
FC2カウンター
プロフィール
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブックマークに追加する
FC2アフィリエイト
FC2ブログランキング
FC2ブログジャンキー
カレンダー(月別)
QRコード
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
メールフォーム
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ