イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]





ハイライトやスポーツニュースではめったに映ることすらない。
中日スポーツでも一面を飾るのはよほどネタのない12月頃にあるかどうか。


だが今、密かに注目を浴びるこの男がある大記録へ向け驀進していることをご存じだろうか。







小林正人だ




開幕から24試合で早くも10試合に登板。
現在のペースで換算するとシーズン59試合登板にのぼるハイペースである。
とはいえ、小林の起用法といえばもっぱら左打者限定の完全ワンポイントリリーフ。
そのため投球回数は6回1/3と決して多くはないのだが、その内容が凄まじい。


今日までに対戦した打者はのべ19人(左18、右1)。
その内訳は、被安打0、与四死球0、失点はもちろん0。つまり現在、小林は





完全試合継続中なのだ



今日もきっちり柴田、ブラゼルを抑えてパーフェクトリリーフに成功。
ちなみに今季、唯一対戦した右打者からも三振を取ってたりする。
ワンポイントでしか使わないのはもったいないと思うのだが、いかがだろうか。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
 最近チームは負けても小林だけはきちんと仕事をした,と言われるような働きが多いですよね。左打者に対して誇る無類の強さはもはや他球団の脅威,昨日もピンチで良い仕事をしていました。

 中継ぎで27者連続アウトは一番最近ではファルケンボーグくらいでしょうか,彼ほどの球威や球速が無くとも打者を手玉にとれる小林の投球は鮮やかの一言。外角への緻密なコントロールには中日ファンから知らず知らずのうちに安心と信頼を得てるんじゃないですかね。

 いつかは先発……するのでしょうか。落合政権が続いている間はあくまでワンポイントになるとは思いますが,方程式昇格くらいなら唯一の左腕がノミの心臓の三瀬なので目指したって悪くはないと思います。

 中日のマーくんが交流戦でなみいるパの打者を如何にして翻弄するのか,密かに楽しみです。
2011/05/15(日) 22:25:10 | URL | jhljhrsf #-[ 編集]
初めまして、いつも更新楽しみにしてます。

個人的には結果を出している選手を配置転換して必ずしも結果を出すとは限らないと思うので(浅尾投手も最終回を任されると安定感を欠くことが多いですし、堂上兄も昨年スタメン起用されてから急に調子を落としました)このままの起用法で良いんじゃないかと思います。
堂上兄もスタメンで見てみたいと思いますが、このまま代打で結果を出し続けてくれるのならばそれはそれで良いと思ってます。さすがに交流戦でDH佐伯とかは勘弁ですが…
2011/05/16(月) 21:25:31 | URL | あんこ #-[ 編集]
◆jhljhrsfさん
ファルケンボーグが先にやってましたか!
さっそく調べてみたら去年の6/2~7/3に達成してますね。しかも16奪三振(笑)
何気に小林も奪三振率9.0超えてますが、上には上がいますね…。

確かにここぞでミスる三瀬よりはよっぽど向いてる思います。
というか、10試合投げて完全試合の投手がワンポイントなのがもったいなさすぎる!
それにしても、中日のマーくんとかまた懐かしいネタをよく憶えてらっしゃる。

◆あんこさん
今後ともごひいきにお願いします!
高橋が元気なら小林ワンポイントでもいいと思いますが、
三瀬と河原が代役をやってる現状では配置展開もアリかと。
堂上剛は、そうですね。去年の失速から見ても、代打が天職かもしれません。
2011/05/16(月) 22:41:19 | URL | いくと #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/796-d05cdaf7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。