イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]





せっかくの休日、所沢へ足を運んだファンには悪夢のような内容だったろう。

めった打ちにされる小熊をいわゆる「晒し投げ」させた采配に批判的な声が出るのも分かる。
どんな展開であれお金と時間を払って駆けつけたファンに失礼のない野球をすること―。
それがプロ野球に携わる者の義務なのだとしたら、今日の試合は失礼にあたる。

だがそんなものは、所詮は綺麗ごとにすぎない。
中日の目標はあくまで144試合の末に優勝すること。ひと夏勝負の高校野球とは訳が違う。
そこを混同してプロを否定する連中には、短距離と長距離のペース配分から教えてあげた方がいいのかもしれない。



序盤で大量点差がついたときは、割り切って捨て試合を作るのもシーズンマネジメントにおける重要なプロセスである。
その点でいえば今日は勝ちパターンのリリーフを休ませることができたから、御の字。
むしろ僅差で勝ち、大差で負けるのは中日がいよいよ例年通りの形になってきた証拠でもある。







落合政権になってから、優勝する年には必ず一度は今日のような酷い試合がある。
これでもかとボコボコにされる中日投手陣から、あなたは何を感じただろう。
私には、はっきりと優勝への青写真が見えた。こういう試合ができるようになったときの中日は、強いぞ。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
 まぁー,無理矢理ポジティブに考えて編み出した結論と言ってしまえばそうなんでしょうが,結果的にここ最近連投だった浅尾が休めたことは確かな事実。小熊には悪いですがセとは比べものにならないくらいに高い,特に打の極にあると言える西武の重厚打線相手にあれだけ投げ込めた経験はきっと後々に生きてくるはず。ここで腐ったら小熊はそこまでの選手だったということ……かな?

 以前にも(確かあの時も西武戦だったはず)中田を8失点完投させたことを思い出しました。あれ以降中田の投球は多少ですが良くなってきたことは周知の事実。グスマンのように腐って当てるだけの淡泊なプレーを連発するか,開き直れるか……

 大勝,劇的勝利の翌日の中日はだいたいこんなもんですよね(笑)山井も1軍初登板が西武相手だったのは少し荷が重かったかと。とにかく昨日の佐伯が打ってくれたことが大きな意味を持っていますね。このままそこそこの勢いを保ったまま交流戦制覇……してほしいです。

PS.私事ですが,今年4月より大学生となりました。平田のホームランの記事で指摘されていたもので……
2011/05/21(土) 22:37:24 | URL | jhljhrsf #-[ 編集]
◆jhljhrsfさん
いや、強がり3割くらいで残り7割は大敗も良しと本気で思ってます。
もちろん大敗なんか無いに越したことないんですが、開幕当初は大勝・僅差負けが多かったので、
ここにきて「例年通り」の流れに戻ってきたことに安心しました。

グスマンは、精神的にきちゃってるかもしれませんね。
2011/05/24(火) 21:48:19 | URL | いくと #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/801-b0eba6ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。