イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]








9回2アウト2ストライク。
あと1個ストライクを取った瞬間、前人未到の領域へと歩を進めることになる。
打者は小久保。相手に不足なし。大勢の観衆が、TVの前のファンが固唾を飲んで見守る中、
岩瀬はすっと腰を落として靴紐を結び直した。



今季の岩瀬は統一球の作用でスライダーにかつてのキレが戻ったとキャンプの時から評判で、
本人もインタビュー等で例年になく好調であることを頻りにアピールしていた。
だがシーズンが始まってみると守護神は毎度のように打ちこまれ、なんとかかんとか抑えるも
その防御率はクローザーとしての許容範囲を超えるものであった。

2年ほど前から飛ぶ鳥を落とす勢いの浅尾の台頭により少しずつ信頼は落ちてきており、
クローザーの交替時期もそう遠くはないと言われ続けている。
現に今季もセーブが付く場面であっても、際どいシーンでは浅尾が続投することもちらほら。
またセーブ記録を伸ばすため"だけ"の9回2死からの登板なんてこともある。

しかし、それでも中日のクローザーはまだまだ岩瀬でなくてはならないのだ。
私も岩瀬で負けた試合のあとは思わず浅尾転向論をつぶやいてしまったりもするのだが、
ここぞの場面での信頼度では、岩瀬以上の投手は今の中日には見当たらないとさえ思う。

36歳。年齢的にも衰えが見えはじめても仕方のない頃だ。
その影響を最小限にとどめて未だに過酷なクローザー稼業を続けられるのは、12年前から
使い続ける伝家の宝刀・スライダーが未だ輝きを放ち続けているのからに他ならない。



さて、場面は9回2アウト2ストライク、打者は小久保。
まるで決意を新たにするかのようにギュッと靴紐を結び直し、おなじみの投球フォームに入る。
そして捕手前田のサインに5回首を横に振った末に選んだボールは――、






「スライダー」



このボールで岩瀬はプロ野球の荒波をくぐり抜け、このボールで岩瀬は守護神にまでなった。
そして2011年6月16日。やはり岩瀬はこのボールで日本一のクローザーの称号を名実ともに手に入れたのだ。

おめでとう、球史に残るスライダー使い・岩瀬仁紀!



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
とうとう岩瀬が日本新にたどり着きましたね。
自分は福岡在住のドラファンなので、その対戦相手がソフトバンクというのも何か不思議な縁を感じました。
岩瀬投手287S、そして管理人さん同棲おめでとうございます。
25歳……自分と同い年だったんですね。
あ~あ、うらやましいなぁ……。
2011/06/18(土) 05:29:14 | URL | デラロサ #h.exH2AU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/818-73db752e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。