イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]





思い起こしてみれば2月のキャンプ中、メディアの注目は堂上直が掻っさらっていた。
昨季チームを優勝に導いた実績、天性のスターの素質…。周囲がさらなる進化を期待するのは当然である。
落合監督もキャンプ序盤からあからさまに井端と競争させることで意識と技術の向上に成功。
キャンプ終盤を迎えた時点の評価としては、「開幕は堂上直」との声が井端を推す声に勝っていたほどだ。

さあ、あとは実戦で最終調整に入り、来る開幕スタメンに名を連ねるのみ―。
誰もがそれを期待したキャンプ最終クールの2月23日。対外試合で悲劇は起きた。






サード守備時にイレギュラーしたゴロが跳ね返り、鎖骨に直撃。
骨折の疑いで再調整を余議なくされ、あえなく離脱。開幕セカンドの座を井端に譲った。
結局、精密検査ではただの打撲だったことが判明したのだが、わずかな遅れが致命傷に繋がるのがこの世界の厳しさ。
スタメンどころか開幕してから今日までのほとんどを二軍で暮らすハメになったのだ。


まさかこんなことになろうとは本人さえも予想だにしていなかったであろうシビアな展開。
「今年は堂上直の年になるぞ!」なんて息巻いていたのが嘘のように、今週静かに一軍へ上がってきた。
とは言え、成績を残しての昇格ではなく、不甲斐ないチームへのカンフル剤としての昇格なのは明らかだ。
実際、7月の二軍での成績は42打数7安打と好調どころか絶不調の部類に入りそうな数字である。

それでも"何か"を期待されて昇格してきた堂上直は、昨日に続いてスタメンを張った。
ダメならいつでも落とされる立場で、昨季優勝の立役者がどのような動きをみせてくれるのか。
最悪なチーム状況に少しでも光を射してくれることを願い、その打席に注目した。







天敵バリントンを打ち砕く2本のタイムリー。充分だ。充分すぎる。

思うに堂上直という選手は、二軍で100打席立つことよりも一軍で1打席立つことで成長を遂げるタイプなのだろう。
昨季もそうだった。不慣れなセカンド守備も打撃も、目を見張るほど日進月歩で進化していた。
要は完全なる超一軍向きなのだ。


ちなみに、真逆の超二軍向きの選手も存在し、金剛なんかは二軍成績だけで7年間も食ってる典型例である。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
金剛、、全くその通りですね。

堂上直には頑張っていただきたいですね。

まだまだ中日は死んでないですね。「見くびるなよ!」と言いたい。
2011/07/30(土) 01:48:06 | URL | ukon #-[ 編集]
 とりあえず若手の活躍は見ているだけで気持ちいいものですね。明日以降も打って守って,ハンカチ世代がどうとかぬかしているメディアがこぞって注目してしまうくらいに活躍して欲しいモノです。

 藤井や兄貴も金剛みたいにならないことを切に祈っております。
2011/07/30(土) 07:57:48 | URL | jhljhrsf #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/849-a3e037c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。