イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]




一発長打型の外人助っ人の存在は、例えるならギャンブルのようなものである。
基本的に彼らは「遠くへ飛ばす」ことに関してはケタ外れの能力を持っているが、
それ以外の野球センス(選球眼等々)は高校球児レベルか、それ以下というのが定番だ。

特にDH制のないセリーグでは守備をそれなりに無難にこなしてもらう必要もあるわけで、
見るからにまん丸とデブって復帰した現状のブランコなんてのは、ハイリスクの塊この上無いのである。


案の定、復帰後のブランコときたら毎度ポロポロとザル守備を連発し、
09年の来日直後に聞かれた「捕球はウッズより巧い」との前評判は完全にぶち壊れている状況だ。
今日も序盤から早々と簡単なゴロを逆シングルで捌きに行って失敗してしまい、ファンのイライラは募るばかり。

だが、その直後だった。











打った瞬間それと分かる打球は、台風すらも抗えぬ圧倒的な威力で曇天の雲を突き破り、場外へ。
数秒前までのスコアがたった1球でひっくり返る「これぞ4番」という逆転3ランだった。

エラーもする。三振もする。だけど、ブランコにはこれがある。
これがあるから、ギャンブルは楽しいのだ。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/863-3b8bab06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック