イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]





先週の日曜に惜しくも4タテを逃して2.5差で直接対決を終えてから丸一週間。
過酷なビジターでの6連戦を4勝1敗1分で乗り切った中日は、2.0差に詰めて13連戦を迎えることになった。

13連戦。
もちろん私の記憶する限りこんなスケジュールは見たことないし、歴史を紐解いても球界史上初ではないか。
労基法で定められた連勤の上限は12連勤なので、まさしく掟破りの大連戦である。

今後の展望としては、日程を見る限りホームでの残り試合が多い中日が有利な気もするが、
故障者続出ながら崩れることなく9月も大きく勝ち越したヤクルトが依然優位なのは否めない。
というか、ここまできたらもはや今後の展開は神のみぞ知る。安易な予想などなんら意味がない。


だが一つだけ、中日にとって好材料以外の何物でもない要素があるとすれば、





和田の復調



今年、何度も復調兆候をみせては裏切ってきた和田。
だが根本的な問題だった視力低下をコンタクト着用で解決した今回は、今までとは違う。
今日の初回のタイムリーなどまさに和田ならではの変態的な打法が久々にみられ、
打って変わって7回のダメ押し二塁打では左中間を抜く火の出るようなライナー性打球を放った。


今季のチーム低迷の戦犯とも言える和田の絶不調。
思いもよらぬV字回復で優勝戦線を争う今、来る13連戦は汚名を晴らす絶好の機会だ。
やっぱり最後はこの男の打棒抜きでは優勝はあり得ない。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/871-7d54e533
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。