上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 






二重の意味で最高に気持ちの良いサヨナラ勝ちだった。

一つ目は、大事なこの試合に勝てた素直な喜びからくるもの。
一昨日がああいう形でドロー、昨日はあっさり完敗。本拠地である以上、今日は負けることが許されない試合だ。
もちろん明日からのことを考えても、なんとか首位キープのままヤクルトを迎え討ちたい。
結果的にヤクルトも良い形で勝ってナゴヤに乗り込んでくるようなので、余計に今日の勝ちは大きかった。


そして二つ目は、二つのリベンジができたこと。では今夜の試合をリベンジを鍵に振り返ってみよう。



いきなりだが、9回表のピンチの場面を思い出してもらいたい。
岩瀬が簡単に2アウトを取りながら、連打を浴びて二死一三塁。打者は谷。
先に1点取った方が勝つであろう展開で訪れた大ピンチに、ベンチはすかさず75試合目の浅尾を送り込む。
すると今度は巨人ベンチも動き、代打の代打に登場したのは左の高橋由。
もちろん左右の相性もあるだろうが、巨人が描いたのは一昨日の再現だったはずだ。

ここで一昨日をフラシュバックすると、同じく9回表の一死一三塁で、打席には高橋由、投げるは浅尾。
追い込んでからの決め球の直球が高めに甘く入り、同点の2点タイムリーを浴びたシーンだ。
あの一球を浅尾は悔いたと思う。有利なカウントでの不用意な一球。やり返すのは、今だ。

…場面を今夜に戻そう。
今夜も先に有利なカウントを作ったのは浅尾だった。それも2球で。さあ、ここで決め球をどうするか。
以前ブラゼルとの対戦においてよく似た記事を書いたことがあったが、
高橋由の選球眼とブラゼルのそれとでは差があるため、あのやり方ではさすがに釣られるとは思えない。
しかし直球は一昨日やられているため投げたくない。となれば、やはり暴投のリスクも伴うフォークしかなかろう。







リベンジ成功



もう一つのリベンジは、歓喜の10回裏、堂上剛と久保の対決だ。
1点取れば無条件でサヨナラの大チャンス。状況は一死一二塁。外野は前進守備。
しかし堂上剛は簡単に追い込まれ、1ボール2ストライクとされる。崖っぷちだ。

ここで再び一昨日をフラシュバックすると、やはりサヨナラ機の9回裏一死一二塁で、投げるは久保、打席には堂上剛。
フルカウントで、久保の投じたボールゾーンへ沈む変化球を我慢できず空振り三振を喫したシーンだ。
あの空振りを堂上剛は悔いたと思う。振らせるための球に引っかかっての空振り。やり返すのは、今だ。

…場面を今夜に戻そう。
さっそく追い込まれた堂上剛は、おそらくまた変化球が来るのを読んでいたと思う。
元々、堂上剛は直球には強く、長打力もある。前進守備を敷いているからには直球は怖い、とバッテリーは考える。
となれば、まだカウントが有利なうちに変化球連投で空振りを取りにくるだろう、と。ドンピシャだった。







リベンジ成功



まるで演出のように用意された二つの再現シーンで、見事にリベンジを果たした両選手。
痛い痛いと言われたあの引き分けの反省を、わずか48時間後に生かしたのは見事といえよう。
このチームは失敗を糧にして成長する力がある。同じ失敗を繰り返さない。常勝チームたる根拠を垣間見た一勝だった。




スポンサーサイト


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2011.10.09(Sun)23:53 | 堂上剛裕 | Comment : 03 | Trackback : 00 | 
ふう~。勝ちましたね。胃に良くないです。

さあ、いよいよヤクルト4連戦ですね。ここ数年では一番緊張する
ペナントですわ。

ukon #- | URL | 2011.10.10(Mon)00:41 [ 編集 ]
コメ返!
◆ukonさん
まだまだ、去年CS第4戦に比べれば緊張は緩いです(笑)
シーズン通してだと2006年9月末の阪神戦@甲子園も大概ヤバかったです。
楽勝優勝のはずが虎の猛追で1.5差まで詰められ、これに勝って2.5差とした試合でしたが、前夜に川上で落としてただけに試合前の緊張感が異常でした。
これ負けてたら優勝できなかったとさえ思います。


それらに比べれば、まだまだ大丈夫!なはずです。

いくと #- | URL | 2011.10.10(Mon)01:08 [ 編集 ]
確かにいくとさんの指摘する試合は緊張しましたわ。
ファンが緊張するんだから監督、選手はもっと緊張するでしょうね。監督の「ふ~」と息を吐くシーンを見ると相当緊張感で張り詰めてるのだと思います。
毎年、こういう緊張感で臨んでいるんだから体調が心配です。

ukon #- | URL | 2011.10.10(Mon)22:26 [ 編集 ]


 
FC2カウンター
プロフィール
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブックマークに追加する
FC2アフィリエイト
FC2ブログランキング
FC2ブログジャンキー
カレンダー(月別)
QRコード
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
メールフォーム
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ