イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]






今夜の試合の持つ意味は、今季の全試合の中でも断トツで大きかった。
試合前が2.5差。ここで負けると1.5差で、明日も負けると0.5差。
なまじ1,2戦目と連勝しているだけに、ここから五分になればヤクルト的には「持ち堪えた!」となる。
そうならないためにも、中日としては早く勝ち越しを決めたいとこ。いくら明日が吉見とて、やはり最重要なのは今夜である。


で、その試合に勝ち、マジック4が点灯した。
いよいよという感じがするが、ファンの心に残ったのは「いよいよ」よりも「もやもや」だった。
8回の和田の3ランで楽勝だったはずの試合が、なぜ浅尾まで注ぎ込まなければならなかったのか。
すべての原因は先週の木・金曜の9回表。二日連続で襲った「魔の9回」のトラウマにある。








問題の9回表、ネルソンが四球で先頭打者を出すやいなや落合監督は交代を命じたが、
そもそも普通であれば、4点もリードしていれば一つの四球くらいで即・交代というのはあまり見ない。
せいぜい捕手がマウンドに駆け寄れば事足りる場面で、なぜ交代を急いだのか。これがトラウマの仕業なのだ。


ネルソンが四球を出した時点で雲行きは怪しくなった。先週のアレを見ていれば、そう感じるのは自然だ。
おそらくファンが感じたその嫌な気配を、ベンチも共有してしまっていた。だからあそこで交代したのだろう。
だが逆に、交代がただならぬ雰囲気を増長させ、その後のリリーフたちに伝染しているように見えた。
ヤクルト側すれば特に何もしていないのに、勝手に中日側が慌てふためいているというおかしな図である。



先週の悪夢がなければすんなりネルソンの完投で終わっていたであろう試合、動じぬ落合監督にしては
珍しく場の空気に呑まれた采配だったように思うが、それだけ慎重になるべき時期に来たということだろう。
バタバタしながらも、マジック4。あとはもう、走るだけだ。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ドキドキでしたよね(笑)
確かに傍目にはベンチがあたふたしてるようにも見えたんですけど、
ネルソンのボール球は本人が全力のつもりでも明らかに勝ちを確信したのか、
気が抜けてビョ~ンて感じで、タニシゲがベンチに交代ゼスチャーしてるみたいでした。

今年のネルソンは素晴らしいのに勝ち運が無いなあと思ってたんですが、
あの場面にネルソンの運だけではない決定的なウィークポイントを見た気がしました。
その後のタニシゲの怒りっぷりは、ちょっと怖かったですし(笑)

ブログ復活してくれて嬉しいです。
一ヶ月前はこんな展開予想してませんでした。
監督退任発表からの流れは、普通に考えたら漫画みたいな出来過ぎな展開ですよね。

落合ドラゴンズ感動のフィナーレに向けて突っ走りましょう!








2011/10/13(木) 15:48:54 | URL | nagoming #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/881-98df6268
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック