イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ビールかけのコメントで、大島洋平は「自分は何もしていない」と謙遜した。
いや、一聴すれば謙遜だと捉えそうな言葉だが、あるいは本人は本気でそう思っているのかもしれない。
今季、センターのレギュラーを完全に手にした大島の歩んだ道のりは決して平坦ではなかった。


日本シリーズでの特筆すべき活躍をはじめ、昨季は新人ながらその高いセンスを存分に見せつけ、
あとは打撃を磨けばすぐにでもレギュラーを取れると誰もが信じて疑わずに迎えた今季。
OP戦でもやはり軽やかな動きで定位置争いを一歩リードし、ライバルたちを抑えて開幕スタメンに名を連ねた。
だが勢いがあったのもここまで。進化を期待されていた打撃は昨季からの上積みが感じられず、
5月になると平田、野本にスタメンの座を譲り、6月には二軍降格。約一ヶ月間をナゴヤ球場で過ごした。

その間にはライバルの平田が月間MVPを獲得するほどの急成長を遂げ、一気にレギュラー入り。
このまま大島は準レギュラーの域を超えないままズルズルと行ってしまうかとも思われていたが、
ようやく7月に一軍に合流してからはグスマンとの併用ながらスタメンの出場機会が増えてきた。


ここで更なるステップアップを果たすには、平田が6月にサヨナラを連発したようなインパクトが欲しいところ。
そんな飛躍への「あと一歩」が遠かった大島も、遂に運命の日を迎える。8月13日の平塚球場。











2年目にして初めて打ったホームラン。打者・大島がようやく待ちに待った「一歩」を踏みしめた瞬間だった。
おもしろいもので、ここで何かを掴んだのかその後マエケンからのナゴヤでの一発を含め計3発を放っている。
あのマエケンからの一発が13連戦において非常に大きな流れを引き寄せるものであったことを思うと、
大島が連覇に果たした貢献度というのは実際の成績以上に評価されるべきである。

また大島にとってツイていたのは、ライバルのグスマンがとんでもない外れ助っ人だったこと。
そしてブランコが怪我で長期離脱したこと。
この両方がなければグスマンはライトで、ブランコはファーストで出続けていたわけで、大島の出番は無かったはずだ。
そう考えれば短期的には「痛い」二つの出来事が、長期的には大島の成長という「利益」をもたらしてくれた。


今回の連覇は落合退任に伴う一致団結という角度からの考察が多くみられるが、
紐解けばこのような若手の成長が団結を支え、あの劇的なラスト一ヶ月を生んだことが見えてくるのだ。





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/893-3670d69b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。