イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]







今夜の石川は誰がどう見ても絶好調で、序盤から三振を奪いまくる快投。
このままならヤクルト勝てるぞと思った矢先、阿部の一発が飛び出した。
たった一球で流れを持っていく爆発力と集中力。これがあるから巨人は怖い。

阿部だけじゃない。坂本、長野、ラミレス、小笠原、谷、高橋由…。
どこからでも流れを変えられる打線は、ナゴヤでも関係なく脅威となるだろう。
一方のヤクルトはバレンティンが三振マシンに成り下がった今、執拗なまでの流し打ちで
なんとか突破口を開いて小技で掻き回し、ワンチャンスをモノにする野球「しか」できない状態だ。


今夜も惜しいとこまで追い詰めたとは思う。
難攻不落の内海から5回裏、代打・川本が反攻のタイムリーで1点差。
さらに東野に代わった7回裏には先頭が四球で出塁し、二死二塁となって打席には藤本。
昨夜の再現とばかりに登場したベテランに、超満員の神宮球場は最高にヒートアップする。


が…、次の瞬間。場内には信じられないアナウンスがコールがされた。
アナ 「バッターは、藤本に代わりまして」






「野口」




ないない!絶対ない!
あらゆるデータを洗い直しても、ここで野口を出す理由はひとつもない。
そもそも野口はシーズン通算.143、左投手に対しては.125とからっきしダメな選手である。
そんな選手をあの場面で、左の山口に対して出すなんてあり得ない采配だ。
藤本も決して打率は高くないが、最近の好調ぶり的にも空気的にも、あそこは打たせるべきだった。


中日に例えるなら、終盤のチャンスで小池に代えて水田とか出しちゃう感じ。
いやいや、小池でいいじゃん!っていう。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/899-e7b133b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック