イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]





歓喜の連覇から今日で丸二週間。
この二週間は優勝の瞬間やビールかけや今季の名試合の映像を何度も何度も振りかえり、
振りかえってはニヤニヤが止まらないというまさに夢心地に浸っていた。

だがそれも今日まで。いよいよと言うか、ようやくと言うか、遂に明日CSファイナルが始まる。
対するはヤクルト。1位対2位が再び雌雄を決するのは、顔合わせとしては順当だと思う。
それでいてCS制度の開始以来、初めて中日-巨人以外のカードとなったこのファイナル。
セリーグで唯一のファイナル皆勤チームとして、貫禄を見せつけたいところだ。



正直、ここまで来たら対策も注意点も解説のしようがなく、神のみぞ知るとしか言えないのだが、
強いてポイントを挙げるなら、やはり中日らしい野球を見せられるかどうか、これにかかっている。
では中日らしい野球とはどういうことかというと、言うまでもなく投手力。これに尽きる。
余程でない限り打線が急に大爆発するとは考えにくい中で、投手に頼らざるを得ないのはシーズン中と同じだ。

そしてアドバンテージがある分、尚更優勢に事を運ぶには明日の1試合目が非常に大事になってくる。
明日勝てば9割は決まり、まあ負けても7割は堅いのだが、それでも明日はどうしても取りたい。


となると、明日の18時、まっさらなマウンドに上がるであろう先発投手にかかる責任は重大なのである。
必勝の1戦目。歓喜への開始ゴングを鳴らすのは果たしてどの「腕」か。






                       こっちの腕?  こっちの腕?




いいや、違う。







今季だけでチームに18個の白星をもたらした、この腕に願いを。
日本シリーズへの道が拓くかどうかは、エースに託された。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/901-32ccf7ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック