上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | --.--.--(--)--:-- | スポンサー広告 | 




あるスポーツ紙が昨夜の采配を「非情采配」と表現していて驚いた。
もちろん見出しとしてのインパクトに重きを置いただけであろうし、他意を勘繰るのは無粋だと思うが、
少なくとも今回のCS5戦をきちんと見てきたファンからすれば「非情」という言葉は出てこないはずだ。


問題の場面は9回表。もう目の前まで手繰り寄せた勝利を前に、落合監督はマウンドへ向かった。
青木にタイムリーを打たれたとは言え、二死一塁。慌てるほどの局面でもない。
それでも落合監督はあと一死をより確実に取るべく、浅尾をマウンドへ送った。

4年前には完全試合目前の投手を下げてまで送りだした絶対的守護神への降板指令。
岩瀬のプライドを顧みず一貫して勝利に徹するその姿が「非情」だと言うのなら、そうなのかもしれない。
ただ、ファン目線で見るならこれと同じような継投はシーズン中もしばしばあったし、
そもそもCS初戦では丸っきり逆パターン(浅尾→岩瀬)で勝ってるわけで、
昨夜の継投をして直ちに「非情采配!時代が動いた瞬間!」と騒ぐのは少し違うのではと思う。


確かに4年前に比べれば岩瀬への信頼度が年々下降しているのは誰もが認めるところだが、
それでもなんだかんだで一流と呼べる成績を残してくる岩瀬は、やはり絶対に必要な存在である。
ただ、以前のように「岩瀬で負けたら仕方ない」と頑なに固定起用するレベルからは落ちただけであって、
浅尾がとてつもない成長っぷりで岩瀬を凌ぐ存在へと進化したからと言って、「イコール岩瀬ダメ」ではなかろうと。

4年前は浅尾が今のポジションにはいなかった。だからあの時点で最も信頼度の高い岩瀬を出した。
今は浅尾がいる。しかも昨夜の岩瀬は明らかに球が高く、絶対に抑えてくれるとは言い切れない状態。
打席には一発長打のある畠山。だが、それゆえに落ちる球で三振を狙える打者でもある。
落ちる球を持っている浅尾と、持っておらず調子も悪い岩瀬。天秤にかえれば自ずと答えは出る。



むしろ私は「非情」どころか極めて人情味あふれる交代劇だったようにさえ思う。
あの時、マウンドに歩み寄った落合監督は優しい目をしながら岩瀬の腰に手をやって降板を告げた。
そして試合に勝ち、胴上げの輪が解けた際に大勢の選手・コーチの中から落合監督が
真っ先に声をかけに行ったのは、他の誰でもない岩瀬だった。笑顔で肩を揉み労をねぎらう姿が印象的だった。

プライドを顧みないどころか、誰よりも岩瀬の築いてきた実績に敬意を払っているのは落合監督だと思う。
無論、実績だけで勝てる世界ではないので、時と場合によっては昨夜のような降板も当然ある。
それでも、あの大事な試合の中でもアフターケアを怠らないあの気遣いこそが落合の名将たる所以だろう。


プライドを重んじるあまり続投させて同点あるいは逆転を許すような「優しい悲劇」を招けば、
メディアもファンも一斉に岩瀬抑え失格論を唱えるのは目に見えている。
ならば同じくらいの優しさをもって降板という選択をしたことに、何ら疑問を挟む余地はない。

そして4年前も今回も「非情采配」とやらの結果、中日は勝った。
采配の正しさを証明するには、それだけで充分である。




スポンサーサイト


フォローお願いします!


banner_03.gif

↓訪問数増加にご協力ください
にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ

この記事のURL | 2011.11.07(Mon)23:28 | 岩瀬仁紀 | Comment : 03 | Trackback : 00 | 
昨日の采配を「非情」とか言ってる人は、
シーズンの中日の戦いぶりをろくに見ていない人ですよね。


さあ、いよいよ日本シリーズ。
ヤクルトを飲み干したら、次は鷹狩りに出発ですね!!

昨年の「忘れ物」を、取り返しに行きましょう!!!

カズ #- | URL | 2011.11.08(Tue)00:29 [ 編集 ]
CS前半のゲームで岩瀬の安定感はわかっていたし、
その日その瞬間の好不調に合わせ、一番勝つ確立の高い
選択をするのは当たり前であって、「非情」などと表現する
意味が私にも全くわかりません。(面白がってるだけかと。)

何を言われても、一番リスクの高いポジションに淡々と
挑んでいく岩瀬は孤高の存在です。やっぱりカッコいい。

けいけい #- | URL | 2011.11.08(Tue)14:59 [ 編集 ]
コメント返し!
◆カズさん
半世紀ぶり以上の忘れもの…。
今回のチャレンジが一番難易度高そうですね(笑)

◆けいけいさん
あの交代でファンも勝ちを確信したと思います。
同時にヤクルト側は、調子の悪い岩瀬ならあるいは、と意気込んでいたところで
サクっと交代されてしまい、一転諦めムードになったのかなと。
相手が嫌がる手を打つのも勝負の定石ですね。

いくと #- | URL | 2011.11.09(Wed)07:55 [ 編集 ]


 
FC2カウンター
プロフィール
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブックマークに追加する
FC2アフィリエイト
FC2ブログランキング
FC2ブログジャンキー
カレンダー(月別)
QRコード
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
メールフォーム
 

てんぷれぇ~と by HemoSTATION
 テンプレート配布ページ