イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]




今季優勝の立役者を選ぶにおいて、ソトの存在を忘れてはならないだろう。
相次ぐ敗戦に喘いでいた時期、チーム借金の数が最大でも「6」に踏みとどまったのは、
吉見と共にローテを支えていたソトの無傷の5連勝のおかげだと言っても過言ではない。

さすがにチーム借金が「10」を超えると優勝争いには絡めなくなるのは阪神を見れば一目瞭然なので、
サラリーマン並の560万という給料で獲得したソトがもたらした恩恵がどれほど大きいことか。
また最終戦績でのヤクルトとの差が2.5差であることを考えても、あの苦しかった時期に
ソトが挙げた5連勝がいかに効いているかがよく分かる。
まさに名前通り、チームに舞い降りた守護天使のごとき活躍をみせてくれたのである。


だが怒涛の勢いは、予期せぬ形で急ストップを余儀なくされた。
10月1日の阪神戦。運命の13連戦直前の週末に甲子園で行われたこの試合で、
ソトは投球中に肩の違和感を訴え緊急降板。以降、マウンドに戻ってくることは無かった。
この頃には川井と山井がローテに復帰していたため致命的な痛手にはならなかったが、
同じことが一ヶ月早く起きていたらと思うと冷や汗が出る。

そのしばらく姿を見せていなかったソトが、満を持して日本シリーズでは復活を果たせそうだという。
CSこそ出番がなかったものの、どうやら状態としては怪我も癒えて問題ないようである。
さすがに先発は厳しいのでシーズン序盤同様、リリーフでの登板となりそうだが心配は無用。
リリーフ時の防御率0点台という驚異の実績を引っ提げての待機となる。



さて、ソトといえばもう一つ注目すべきは、ピンチを抑えたときに飛び出す溢れんばかりの雄たけびである。
劇場型ならぬ激情型とも言えるあの気迫まみれの投球は見ていて非常に痛快なのだが、
ノってくると全くピンチとは言えない二死走者無しで投手を抑えたときなどでも荒らぶるから面白い。

ただ心配なのは、あのパフォーマンスを相手が挑発と受け取りやしないかということ。
セリーグの選手は割と温厚なタイプが多いので何もなかったが、パリーグは乱闘も多い印象がある。
特にホークスにはソトと同郷のベネズエラ出身者・カブレラがいるので要注意である。


もし万が一、カブレラが怒り狂ってマウンドに走って来たら、ソトはこう叫べばいい。





「カモン、ネルソン!」



次の瞬間、中日ベンチから2mの大男がピストル片手に飛び出してくることだろう。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/910-e82d4513
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック