イレコミ!ドラゴンズ

黄金期の軌跡を形に残しときたくて削除せず放置してます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[中日ドラゴンズ] [スポーツ]






「こんな強いチームと戦ったことない」


おそらくホークスのファンは、中日に対してこう思わせる気満々でいたのではなかろうか。
ファンだけではない。選手も関係者も全員、今日は勝つのが前提で戦っていたように感じる。
決して慢心などではなく、圧倒的な強さで勝ってきた自信と誇りがその強気を生みだすのである。

今季のホークスはいつだってそうだった。ここぞの大一番にはことごとく勝利し、
懸念されていたCSでさえストレートで勝ち抜いた。もはや敵なし。最強。
今日も多忙の合間を縫って訪れた日本一の経営者の御前で、シーズン通りの強さを見せるはずだった。


だが、勝ったのは中日だった。しかし先制したのはホークスだった。
シーズンでは先制した試合は8割勝つというデータもあり、超満員の観客の誰もが勝利を確信したに違いない。
それも先発の和田毅は絶好調で、7回一死まで驚異のノーヒット投球。
この大一番でノーヒットノーランばい!と興奮気味に騒ぐ博多っ子の姿が目に浮かぶ。

それでも、勝ったのは中日だった。では最強ホークスは一体なぜ先制したホームゲームで敗れたのか。
終始、勝利を信じてやまなかったホークスの何かが微妙に狂い始めたのは7回裏だろう。
和田に初ヒットとなる同点弾を打たれた直後の攻撃。嫌な流れにしないためにも重要な攻撃イニングで、
まず先頭の長谷川が四球を選んで無死から出塁した。ボルテージは一気に上がる。

シーズン中なら、勢いそのままに勝ち越しそうなものだが、一死から三振ゲッツーでこれを潰してしまう。
じわり、じわりと流れが中日に行き始めても、なおファンは劇的な勝利を「するものだと」思っていたかもしれない。
今までそうやって勝ってきたのだから、今日もやっぱり勝つのはホークスなのだ、と。
ところが8回裏も三者凡退に終わり、9回裏もサヨナラのチャンスを得ながらあと一本が出ない。
おかしい。何かおかしい。いつもなら絵に描いたような一打で勝てるはずなのに、なぜ点が入らない!?


そう、ホークスの敗因はこれ。「シーズン中の強さがかえって自信になり過ぎてしまった」こと。
今までなら打っていたであろう場面で打てないことにより、焦りが生じ、打撃が雑になる。
勝ちパターンに持ち込みながら、なかなか決めることのできない不思議な感覚。
それもそのはず、パ・リーグでは中日以上の投手陣を持つチームはホークス以外にはないわけで、
今日のように一向に点が入らない試合展開はおそらくシーズン中ほとんど無かったのではないか。
特に浅尾については全くお手上げといった感じでフォークを空振りしまくっていたのが目立った。


最強ホークスの野球は、最初から最後まで敵を投打ともに圧倒してねじ伏せる野球。
そのどちらかが狂ったときに思いもよらぬ隙が生まれ、今日は小池が見事にそこを突いた。
7回までは間違いなくホークス有利だったが、シーズン同様に投手力で流れを引き寄せたのが中日の勝因。

そして象徴的だったのが10回裏のあの采配だ。







松中、カブレラを連続三振に喫するなど絶好調の浅尾に代えて、落合はあと一人から岩瀬を送りだした。
ホークスからしたらたまったもんじゃない。いくらあと一人とは言え、1点差で川崎である。
まだまだどうなるか分からないのに、落合のこの余裕。12球団見渡してもあそこで浅尾を代えるのは落合だけだろう。

そしてホークスファンは、試合後こう思ったに違いない。

「こんな変なチームと戦ったことない」

圧倒的な投手力と、意味あり気な独特な采配でマイペースに持ちこんだ中日が先勝。
ホークス有利との下馬評で始まったこのシリーズは、最後まで何が起こるか分からない。



皆様が野球に熱狂してるとき、横浜BLITZで「杏果~!」と叫んでいた私に清き拍手を。
     
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いくとさんも変人でしたw
っていうのは冗談です!w

2011/11/13(日) 01:56:33 | URL | わっち #-[ 編集]
おっしゃる通りです
ホークス首脳陣はガッチリと防御姿勢を取る中日さんにかなり焦りを見せていました。
『あと一打が何故出ない。一向に打てる気配すらない。まずい。』
おっしゃる取り鍵になったのは7回。
監督の焦りから生まれた、不可解な采配には不満でした。どうもスッキリしない。全力を尽くしたけど負けた、とは言い難いこの感覚。不思議です。
ただ、些細な歯車の狂いがこの結果に結び付いたのだとは私も思います。
やはり経験抱負、百戦錬磨の中日さん。途中交代のタイミング、大一番でジリジリ耐える気力、そういった事の難しさを切に感じた試合でした。

私達ファンは、勝てるかもしれない、なんて甘い事は考えていません。最後まで諦めずに何とか食らいついて行きたいな、と思っています。
中日の選手の方々、監督、ファンの方々が大変紳士でいらっしゃいますので、救われています。
勝っても負けても楽しみにしていた日本シリーズ。
盛り上げたいですね。あともうしばらく、お付き合い下さいませ。
長々と失礼いたしました。ありがとうございました。
2011/11/13(日) 05:09:18 | URL | ISSAC/LoveHawks #llICpKjQ[ 編集]
 本当にいつも通りでしたね……沖縄在住でホークスファンが周囲にけっこういるのですが,彼らはドラゴンズの強さというより不気味さに終始ビビってました。全く表情を変えない監督,ノーノ―の危機に晒されても焦らない選手たち,そしてきっちりと勝ってしまうチーム……パにはそういうタイプの素養を持ち合わせているチームはないんだとか。

 しかし単純に1勝sただけと考えたらいまいち安心もできず,「ドラゴンズは2勝くらいできてようやくイーブン」って考えてししまうあたりはやっぱりチキンなんだなぁ……と再確認してしまいました(苦笑)
2011/11/13(日) 09:37:30 | URL | jhljhrsf #-[ 編集]
まずは1勝できましたね。正直、福岡で1勝できるなら2戦目かな?と思っていましたので嬉しかったです。
ところで、私事ですが、人間の身体って不思議なもので(私だけかもしれませんが)10回の裏に血圧測ったら、いつも110~120なのに
何回測っても150~160でした。終わったら元に戻りましたが。こういう緊張感を味わえるのもこの2球団のファンだけなのですから幸せです。もし、今日勝つことができたら・・・・もしかすると、いけるかな?と思っています。
2011/11/13(日) 11:08:30 | URL | ukon #-[ 編集]
コメント返し!
◆わっちさん
プロ野球とアイドルと音楽に関しては変人ですよw

◆ISSAC/LoveHawksさん
ホークスファンの方からコメント頂けて感激です!
二日連続で打線が沈黙でしたが、一旦火が付いたら止まらない怖さが常に感じてます。
さらにまだホールトンと摂津が控えている層の厚さ。
チェンと吉見でなんとか勝利を拾った状況では、不安は尽きません。

ホークスファンの方も変なブーイングとか少なくて好印象です。
お互い死力を尽くしましょう。

◆jhljhrsfさん
さあ、イーブンになりました(笑)
なんかホークスが一方的にこちらの不気味さを意識し過ぎてる感じですね。
確かに一、二戦ともオレ流炸裂してましたが。

◆ukonさん
中日の試合見てるときの緊張は半端ないです(笑)
ただ日本シリーズより普段の巨人・阪神戦のが緊張してる気がします。
選手もそのようで、皆インタビューでリラックスしてると言ってます。
日本一になるときって、こういうものなのかもしれませんねえ。
2011/11/13(日) 23:55:59 | URL | いくと #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dailydragons.blog81.fc2.com/tb.php/912-66db4f8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。